WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  681

アニメ【NARUTO】第681話感想

■第681話 「ハゴロモとハムラ」2016年5月19日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/堀内直樹 作画監督/高橋直樹 鈴木信一 藤優子

子どもを守る為に神樹を口にしたカグヤ。
後に生まれた男児は双子で名をハゴロモとハムラと言った。
角が生えているカグヤ、ハゴロモ、ハムラがフツーに人々に馴染んでいるのが不思議。

●白眼
二人とも白い眼をしていますが、白眼の能力を使えるのは弟のハムラの様です。

●大ガマ仙人との出会い
ナルトが会った時には『おおじいちゃん』となっているガマ丸。
ガマ界の寿命って何年よ?

●終焉の峠
ここに神樹があって立ち入り禁止にカグヤはしたのですが、人に恵みを与えているのとは反対に、神樹はエネルギーを吸い取っているというガマ丸。

●神樹様へのお使い
しきたりは以前からあったという事。神樹の元へ行った者は帰って来ないのを今まで疑問に思わなかったのが不思議なくらい。

●写輪眼開眼
思いを寄せていた(多分)ハオリの変わり果てた姿を見て写輪眼を開眼したハゴロモ。ここでも大切な人の死が開眼させたのですね。

ガマ丸が双子に目を付けたのは、彼等がカグヤや神樹に対抗出来得ると踏んだからだったのです。力をつけたハゴロモがカグヤを倒した後にもしかしたらこの世界を支配し又危機が訪れるかもしれないと疑ったかもしれませんが、ガマ丸にはハゴロモに託すしかなかったし、託して良かったと思った事でしょう。

そして束の間の平和が訪れたのですが…
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  680

アニメ【NARUTO】第680話感想

■第680話 「大筒木カグヤ」2016年5月12日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ/・演出/白川巨椋 作画監督/宮地恵美 江森真理子 大西雅也

大筒木カグヤの過去の物語をアニメオリジナルで。

かつてこの地へ隕石が。
そしてそのクレーターに木が生え、それを追う様に謎の飛行物体到来!
謎の飛行物体から現れた(!)カグヤ。神樹を見守る者という。
降り立った地は邪馬台国みたいな感じ。
当時、水源を巡って彼の国との争いが絶えないらしい。
カグヤを捉えたのは祖の国、長の名はテンジ。

カグヤのミステリアスな容貌は隣国へも知れ渡る。神秘的な美女と。
その美貌はテンジも惹かれたに違いないけれど、カグヤは本当のところテンジを愛していたのかは疑問。

カグヤは後に二人の男児を産むが、子の父親は誰かと疑問でした。
処女懐胎かとも思った人も居る様だけれど、これで誰が父親だか分りましたね。

●カグヤは異星人で超能力者

●竹林から現れるカグヤ。竹取物語???

●カグヤの望むものは争いの無い平和

夜空を見上げ、誰かを待っている様なカグヤ。
何か使命を受け、この地にやって来たのでしょうか。
カグヤは神樹がエネルギーを吸収しているのを知っている様です。

カグヤへの愛情よりも長としての立場を優先したテンジ。
神樹の実を口にした途端、眉間に写輪眼が開眼し無限月読が発動。
争っていた彼の国共々、やがて生まれて来る子どもの父親であるテンジも神樹に絡め取られてしまいます。
テンジにとって領地とカグヤのどちらを取るのかは苦渋の選択だったと思うのですが、カグヤにはテンジの選択は納得の行くものではなかったという事。
目の前で犠牲となったアイノの行動を思えば、テンジが裏切ったと思って当然だと思います。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  679

アニメ【NARUTO】第679話感想

■第679話「はじまりのもの」2016年5月5日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出/山田雅之 作画監督/堀越久美子

ナルトとサスケ中心の共闘でラスボス大筒木カグヤを封印する話へと突入!

伝説の忍の祖ハゴロモの母だからはじまりのものなのか。
第七班の再結成でも今やナルトとサスケが中心人物なのね。

●ロープ代わり
巻物の強度パネェ!

●残酷な言葉
無限月読の時、カカシとサクラはたまたまナルトの傍に居たから二人は術に掛からなかっただけだと言うサスケ。
サクラにとって好きな人サスケからの言葉にショックは隠せない。

●優しさ
だけれど、波の国でサスケが勝手に体が動いてナルトを守った事を引き合いに出した意味をサクラは分かっている。

●膨大なチャクラを一つにまとめる意味

●黒ゼツの父は誰?
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  678

拍手お礼

6月2日 【NARUTO】第182話感想

6月4日 第166&167話

6月6日 第168話、第169話、第192話、第194話、第438話、第564話、第565話、第566&567話、第673話
      拍手お礼、イタチグラフィックポスター

6月9日 【蟲師】

7月4日 【NARUTO】第182話

それぞれ拍手をありがとうございました。
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  677

アニメ【NARUTO】第678感想

■第678話 イタチ真伝篇「真」2016年4月28日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出/山田雅之 作画監督/堀越久美子

大蛇丸が仕掛けた木ノ葉崩しでイタチ帰郷。
本編での初うちは兄弟再会~兄弟対決~兄弟共闘まで一気に来ちゃった(^^;)

暁からの至上命令はナルトの生け捕り。
サスケと対峙しながらのイタチの心の声に、今となっては「こんな事を考えていたんだ」と思うと胸が痛みます。

今回のイタチ真伝の感想
小説版が本編を穴埋めする様な内容でとても良かったので、アニメでもそれに沿って暁へ入隊するまでを丁寧に描いてくれるものとばかり思っていただけに、終わってみたら面白かったのは正直前半第675話まで。そんな中、暁に入ってからの初期構成メンバーと、その一人大蛇丸が何故暁を抜けたのかが分かったのは面白かった。ただ脱退した大蛇丸の始末をするメンバーがヒルコとデイダラで、それ自体は文句は無いけれどこれはもうイタチ真伝というよりも暁伝とでもした方が良かったと思います。
もう一つ付け加えさせていただくのならば、イタチファンの間で取沙汰されていた(!)「イタチは恋人を殺し」という仮面の男がサスケに語った事が真実ではなくなってしまいました!
小説でも本当に恋人と言える程の仲だったのか?イズミが強く想っていただけでは?という感じでしたが、彼女にせめてイタチと結婚し幸せな家庭を築く幻術を掛けてあげて逝かせる最期を何故やらなかったのかが疑問でした。




トビがマダラの駒であり、マダラもカグヤの駒であったという衝撃の事実!!!
忍世界の変革の為、真の平和の為に月の眼計画はあった筈なのですが、それを成し遂げようとしたマダラの行動もすべてはカグヤの為。
アニメは本編へと戻ります。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  676

アニメ【NARUTO】第677感想

■第677話 イタチ真伝篇「相棒」2016年4月21日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/田頭しのぶ 演出/荒井省吾 作画監督/粟井重紀 渡辺るりこ

デイダラがイタチの芸術に唸って負けてしまったところを今回あっさりと端折ってチクショーです(><)
それからデイダラはヒルコ(サソリ)と組んで“芸術コンビ”誕生となったのですw

そしてイラ立つと敵味方関係なく殺してしまう角都の新しい相棒探し。
ジャシン教の布教と称して衝動的な殺人を繰り返す飛段をその相棒にしようとするのですが、暁では飛段が不死身だという事は把握していた訳ね。
それにしても飛段の私服、ロッカーっぽいww

減ってしまった暁のメンバー補充の話なら≪暁真伝≫でよくね?(^^;)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  675

アニメ【NARUTO】第676感想

■第676話 イタチ真伝篇「暁の闇」2016年4月14日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/ユキヒロマツシタ 演出/村山靖 作画監督/柳昇希 田中彩

●マイトダイ
万年下忍だった人が実は忍刀七人衆を四人も殺してしまった実力者だったということが今語られた。コミックス巻の六十九№668にあるエピソードはここでリンクされ、その時の生き残りが枇杷十蔵。

●構ってちゃん?
どうでもいいとか言っておきながら聞けとか、どっちなの?(^^;)

●四代目水影やぐら
尾獣コントロールが出来る人柱力。お子様なのにたいしただまげた。

●初めての
天照の標的は水影に!?
これで水影を殺しちゃったら水の国を敵に回すとんでもない事に(@@)いや、十分マークされているんですが;

協調性なんてないのかなあと思える暁で、十蔵さん、案外面倒見がいい奴じゃないですか。
やぐらのイタチへの攻撃から庇うあたり泣けてくる。

●蛇に睨まれても
大蛇丸がイタチと執拗にツーマンセルを希望していたのは、器として乗っ取りたかったから。そのエピソードは巻の三十九 №345:儀式 に載っています。

大蛇丸が次の器として狙っていたのがイタチだったのですが、結局ここでは失敗。
サスケへの執着は本編で嫌と言う程描かれていたし。いや、イタチ乗っ取りに失敗したからこその執着と言えるのでしょうね。それほどうちはの力は欲して止まなかったって事ですね。
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  674

アニメ【NARUTO】第675感想

■第675話 イタチ真伝篇「月夜」2016年4月7日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出・作画監督/むらた雅彦

暗部に入隊するもうちはを監視するのが目的であり、実際はダンゾウの駒の様なもの。

●万華鏡写輪眼の開眼
親友シスイの自殺で万華鏡写輪眼を開眼したイタチ。
里の平和を思い自殺した親友を哀悼するどころか、シスイ殺しの嫌疑すら掛けられる始末。フツーに考えてもブチ切れ必須!!!

●父子で万華鏡保有者
万華鏡を開眼する者は稀だというけれど、まさか父フガクも万華鏡写輪眼を開眼していたとは!?
フガク万華鏡写輪眼 フガク万華鏡写輪眼2




結局一族の反乱の意志は変わらない。フガクは一族の革命にイタチの協力を得たいけれど、イタチは悩み、考えた末、一族側に付く事に。


木ノ葉の眼、うちはの眼であったのに、二重スパイだったから本当はどちらのスパイだったのか分からないというイタチが哀しい。

●鬼鮫の前のツーマンセル
枇杷十蔵。彼は再不斬の前の首切包丁の持ち主って事ですか。
この人、見かけに寄らず結構仲間思いだよね。ツーマンセルのイタチを庇って死んだんだし。唯一の相棒が大刀だなんて、この人も哀しい人だったんですね。血霧の里の抜け忍は徹底的に追われるというし。まあイタチもビンゴブックのS級だから、追われるのは同じだと思いますけれどね。
折れた大刀を十蔵の亡骸に握らせるのが、せめてもの手向けとイタチは思ったのかもしれません。

●大蛇丸の器
絶対狙っていたに違いないイタチの体。
イタチを器にすれば、写輪眼も手に入るしね。
でもその瞳力の強さを、大蛇は左腕を失う事で身を持って知ることになるという皮肉。

それぞれ実力を持ちながらもメンバーの仲はあまりよろしくなさそうな暁。
十蔵、角都の相棒、大蛇丸の脱退で暁は人材不足です。

それにしても音の四人衆の時にも感じた事ですが、作画は綺麗で満足ですが、この方が演出なさるとどうも残酷で気になります(><)
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  673

アニメ【NARUTO】第674話感想

■第674話 イタチ真伝篇「シスイの依頼」2016年3月24日放送
脚本/彦久保雅彦 絵コンテ/菅井嘉浩 演出/小野田雄亮 作画監督/平良哲朗 徳倉栄一 三浦雅子

目で戦うと言っても過言ではないうちは一族にとって、又親であるフガクにとってはイタチの写輪眼開眼は喜ばしいことには違いない。でも開眼には仲間の死があり、イタチはフガクの様に手放しでは喜べないのです。この頃から父への確執が芽生えたのかもしれません。

そんな複雑な思いを悟られまいと、父に笑顔を向けるイタチはもう自分の感情を押し殺す習慣がついてしまった様です。
無邪気に甘えてくるサスケを遠退けたのは、サスケの無垢さにあったと思います。何も知らないサスケに心配させたくなかった事もあったでしょう。イタチはサスケを守るのだから、守る対象であるサスケにはいつもと違う自分を見せたくなかったのでしょう。
そんな折、おあつらえ向きのごとくシスイの依頼を受け、家から離れたのだと。

●いつの間に
イタチがアカデミーから下忍になった2年位の間に、シスイはイタチを気の置けない人物と位置づけた様です。そして兄弟の、切っても切れない血縁の様な絆が生まれたのでしょうね。その辺りも映像で見たいものです。何があって2人は兄弟、親友の様になっていったのか。
というのも2話前の『異才』でイタチはシスイを敬称を付けて「シスイさん」と呼んでいたので、呼び捨てになる程距離が近づいたのはその2年の間に何かががあったのだと思えるのです。

●接近
その『異才』で、何故人は争うのかのイタチの問いに、それは分からないけれど、止められる争いなら止めさせたいというシスイの考えにイタチも同意したのが2人が接近していくきっかけだった気がします。

●優秀
事ある毎にシスイはイタチを優秀だと言います。それに対してイタチはまだまだ未熟だと思っています。
イタチのアカデミーでの成績や下忍になるまでの期間を考えればふつうにそういう評価になりますが、シスイは別に揶揄して言っている訳ではなく、イタチが優秀な(教本とでも言ったらいいのか)思考の持ち主であっても、相手もイタチの様な優秀な者ばかりとは限らないので、もっと柔軟な考えでないと対応出来ない事を教えているのですね。
上忍と下忍との差があるので当然と言ったらそれまでですが、イタチにとってシスイは「さすが」と唸らせるだけの実力を兼ね備えているのです。

●気の置けぬ間
優秀だと言われているイタチに何も教えるものは無いと思っていただけに、シスイはとても嬉しそうです。
野営では火の使用はご法度ですが、演習という事もあったのか、シスイは魚を焼いて差し出します。規則よりもイタチを気遣う方が大事だったのでしょう。上忍であるシスイは激務で気心の知れた仲間と食を共にする事もあまり無いのかもしれません。それほどシスイにとってイタチは心を許せる人物なのですね。

●写輪眼開眼の反応の違い
フガクが喜びを隠せないのとは対照的に、シスイはイタチの告白にとても冷静でした。うちは最強の幻術使いと言われたシスイだからこそ、開眼の条件の辛さが分かってこその反応だったと思います。

●決して裏切らない信頼
演習だと思っていたがそこには仲間を葬りかねない任務があった。
シスイの判断が正しかったのかどうかは分からないとシスイは言います。それは対立し合う者のどちらにも義があるのなら、どちらも自分が正しいと主張するからです。
それでもただ一つだけ確かな事は、シスイはイタチを決して裏切らないという事。

だから、それだけの信頼は一体いつどこで!? 詳細描写プリーズ!!!

萌えポイントその1
足を捻挫して無理をするなとイタチを背負おうとして、髪の毛に手をやるシスイ!
6741.jpg


萌えポイントその2
おんぶ
6743.jpg



萌えポイントその3
暗部入りしたイタチが、暗部の部屋へ初めて入る際、気を落ち着かせようとして髪を触ったシーン。
えへへ、一緒に居なくとも二人の心は通じ合っているの巻ねww

子ども扱いされたと思ってぶーたれるイタチ(こんなの今まであった!?)
6742.jpg

シスイはイタチを裏信頼合ってこそ!どんな事があっても切らない!
6744.jpg


もっと二人の話が見たかった~~~~~!!!
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  672

拍手お礼

4月29日
【NARUTO】 第284&285話、第286話感想

5月20日 第179話
5月25日 第283話、第284&285話、第286話

それぞれ拍手をありがとうございました。
別窓 | 拍手お礼 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | WIND OF MOON | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。