WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  99

【CLUSTER EDGE】OVA 感想

20060928151305


【CLUSTER EDGE】DVD9巻OVA Secret Episode1、2、3 2006年9月22日発売

☆Secret Episode1『集う日』
脚本/大野木寛 絵コンテ/須永司 演出/綿田慎也・藤田陽一 作画監督/米山浩平・池田有

カールス在りし日。
時間の流れ的に“Episode 0”というところ。
おそらくこの直後、本編に繋がるのでしょう。

クロム団セピアとの出会いが描かれています。
人造兵としての初期化(コンディショニング)がされたばかりのセピアと、同じ人造兵でありながら人間としての感情を持ったクロムとクロム団との対比が見どころ。
規則に従って、セピアを人造兵のしかるべき場所人造兵キャンプへ送ろうとするカールスに、規則よりも人道的見地からセピアと共に行動する事を望むクロム達のやりとりに、クロム達の方にカールスよりも本来人間が優先すべき博愛の精神を見せられてはっとしました。
彼等は生まれてくる過程は違っても、れっきとした人間なのです。


☆Secret Episode2『白き足跡』
脚本/山田かおり 絵コンテ/須永司 演出/綿田慎也 作画監督/菱沼義仁

時間的にはEpisode2の方が1よりも前。
ここでカールス、エマ、ベスビアの人間模様が明らかになりました。
本編で、執拗なまでにカールスの乗った飛行機を追い詰めるベスビアの狂気が何に由来するのか、このエピソードは教えてくれます。平たく言えば愛情の裏返しでしょうか。

カールスは、エマに救いを求め、ベスビアに拡大解釈として罰して欲しかったのだろうと。勿論ベスビア個人に償う事ではないのです。
人造兵を巡ってカールスが父をあやめてしまい、消せない罪をずっと償い続ける為には、自分は罪深い者だという事を忘れない事が必要なのでしょう。
ちょっと難しいのですが、エマと居るとあまりにも癒されて、自分の犯した罪の意識が和らいでしまう、という事ではないかと。実父の件がなければ、ベスビアの挑戦にも快くカールスは受けていたと思います。でも、わざわざカールスの過去を知らない(と、解説書には書いてありました)クラスターE.A.に来たからには、何故ベスビアの気持ちに報いる事ができないのか他人に言える筈がないのです。

ベスビアはカールスを自分を負かした唯一の人物、いわば好敵手(ライバル)と見なしていて、生徒会長の立候補もカールスが受けて立ってこそ『ベスビアをカールスが同等の立場として認めた』事になる訳です。それが生徒会長に立候補もしない、飛行機レースに勝ったカールスに敬意を表しても喜ばず、負けたベスビアに慈愛の表情で接するカールスに対して、ベスビアはカールスに『見下された』様に感じたという事なのでしょう。
カールスは多分信心深い性格だと思うので、実の父をあやめた事が消せない罪であり、心に闇があるからあんな事件を起したと思っているのだと思います。
そのような自分がエリート校クラスターE.A.の生徒会長という表の舞台に出ることは許されないと考えていたと思います。クラスターE.A.の生徒会長を務めたものは、将来を約束されているそうですから。

人造兵の人権擁護の為には、人造兵を作っているラムスベック社の御曹司エマと懇意になるのは好都合だった筈です。しかしカールスは大切な友だからこそエマを利用したくはなかった。
カールスの孤独な決断は、エマにはカールスを救えなかった悲しみを、また、カールスの自主退学を知らされなかったベスビアには憎しみを残してしまい、誤解が解けぬままカールスは志半ばで友人ベスビアに命を奪われてしまう最悪の結果となってしまいました。
誰よりも認めて欲しかったカールスに、友情を育む筈が憎しみに変ってしまうまでを描いたエピソードです。

にしても山田かおりさんの脚本は良いよなぁ。第23話 『遺言』2006年3月14日放送の脚本には唸りましたから



☆Secret Episode3『自由の翼』
脚本/大野木寛 絵コンテ/神楽坂時市 演出/鳥羽聡 作画監督/しんぼたくろう・高瀬健一

クラスターE.A.15歳組の話。
アゲートも健在だし、クロムもクラスターの生徒として登場し、ネットで違和感を感じたという『女性の殆ど登場しない物語』を打ち消す様に(笑)金髪・巻き毛の気が強くて気位の高い女性が登場。
や、私個人としては別に男子校なんだから女性が出なくても全然構わないのだけれど。
本編がひたすら重いテーマだったので、こういう話はほっとします。
その女性もフォンの姉だし。
確かにサルファ家の『三女』というのが微妙でいいですよね。

見どころはエリザベートに対するアゲートとクロムの接し方ですかね。
まさに『女の兄さん』エリザベートの男らしさに振り回されるエマ先生がお気の毒(笑)。

9月14日に発売されたプレステ2ソフトの『君を待つ未来への証』の初回限定版に同梱されたバラエティーCDクラスターE.A.演劇『華咲くころ』や『クラスタータイムス 特ダネレポート』と同様、明るく楽しいアナザーストーリーは、ファンも望んだと思います。

まだまだ膨らませられるストーリーなので是非またOVAででも彼等に会いたいです。
クラスターE.A.に入学するまでの、カールスの空白の時間と、
再びアゲートがクラスターE.A.に戻って来る話など。
また、ベリルの母が何故抗体を持っていたのか、とか。

【CLUSTER EDGE】はその世界観が大好きで、嵌った作品でした!
スポンサーサイト
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【BLOOD +】を見終わって | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

No.36 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-02 Mon 09:54 | | #[ 内容変更]
No.37 Kさまへ
思いの丈を書きなぐったと言ってもよい様な感想に目を通していただきありがとうございます!

感動を頂いたとき、
感謝の気持ちをお伝えしたくても伝える術が無いので、ネットの網に私のblogが引っ掛かり、幸運だったなぁと思っています。

この作品は世界観が大好きで、毎週とても楽しみにしていました。
まだまだ回収しきれていない伏線も多く、できれば続編を希望しているのですが・・・

ここには書いていない感想もあるのですが、
そこまで書くと収拾がつかないのでこの程度にネットでは止めていますvv

本当はメールでお伝えするべき内容かもしれませんが、
何とかして感謝とお返事をお伝えしたく、このような場でお返しする事をお許しくださいませ。

では本当にありがとうございました!
2006-10-03 Tue 13:07 | URL | 管理人:月夜乃光 #YAj0RVgU[ 内容変更]
No.38 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-05 Thu 22:21 | | #[ 内容変更]
No.39 ありがとうございますvv
*Kさま
再びここで失礼します。

WEBで載せていない感想ですが、
ネットはその性質上、いろいろ神経を使うので、
私のHNをクリックして下さればメルアドが出ますので、
もし差し支えなければ空メールを送って下さればお伝えしたく思います。

やりとりに関しては
「信じて下さい!」
としか言えないのが歯痒いのですけれど・・・

暫くしましたらメルアドロボ対策として、メルアドは消させていただきます。

もし失礼なレスでしたら申し訳ありません。
2006-10-06 Fri 17:44 | URL | 管理人*月夜乃光 #YAj0RVgU[ 内容変更]
No.40 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-06 Fri 22:57 | | #[ 内容変更]
No.41 Kさまへ
メール、届きましたので、
メルアドは消させていただきますm(_ _)m
2006-10-07 Sat 15:56 | URL | 管理人*月夜乃光 #YAj0RVgU[ 内容変更]
No.47 すみませんが
日本語以外の言語オンリーは投稿不可能の筈なのですが、
どうやって書き込みされたのでしょうか?
いたずらかもしれませんが、
Is this a novel or something?

2006-12-20 Wed 07:56 | URL | 月夜乃光 #AaJkDYsc[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。