WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  96

アニメ【NARUTO】感想

■201話「多重トラップ 崩壊のカウントダウン」9月20日放送
脚本/西園悟 絵コンテ/にいどめとしや 演出/熨斗谷充孝 作画監督/鈴木伸一

結局、ゲンノウは亡くなった息子をナルトに重ねて、息子との楽しかった思い出ごっこをナルトとしたかった、って事ですね。
一時は木ノ葉潰しを本気で考えたゲンノウですが、ナルトと出会って気持ちが変ったという事です。
冥土の土産にしては、何とも大掛かりな思い出作りでしたが(^^;)。

今回のゲンノウの話、アニメオリジナルではとても良かったです。
何と言ってもナルトの同期が11人勢揃いしましたし、それぞれの持ち味を活かした作りで、IQの高いシカマルを説明に使ったところなんか良かったです。
ストーリーも、回を重ねるまでゲンノウの真の目的が分からないところなども、そして何より、破壊が目的ではなかったというオチにほっとしました。
あと顔岩の中とか、顔岩がどのように作られたのかとか、本編でも触れなかったところをあえて出したのが冒険。何もナルト達登場人物を冒険させなくとも筋がちゃんとしていたので見ごたえがありました。
顔岩は崖にあるので、崖崩れを起したらまずその崖の下にある木ノ葉の里は大打撃を受けるだろうという、今迄そういう危険性がある事に今回のアニメまであまり疑問として気付かぬままきてしまったのは私だけではないと思いたい(^^;)。
いや~口寄せもできるゲンノウはやはりかなりの忍だったのですね!

このお話の初回197話で、チョウジの「“一楽のラーメン好きに”悪いヤツはいない」という言葉を再び〆に使ったのはナイスです♪
スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。