WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  89

アニメ【NARUTO】感想

■第196話「涙の激突!熱血師弟対決」 8月9日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/熊谷雅晃 演出/熊谷雅晃 作画監督/岡崎洋美 作監補佐/夘野一郎 金塚泰彦

今回の龍堂院三兄弟あだ討ち編(実際は勘違いだったのですけれどね)、アニメオリジナルストーリーとして良かったです。君麻呂にチョイ似のオトにチョイ萌え。
相手の術、目的、そして結末、バランスが取れていて見ていて面白かった。
にしても、毎度あまりに熱血すぎて笑いが込み上げてくるガイ&リーの師弟コンビ!
木を操るのだけれど木偶とは違う、木人ですか。木の組み合わせによって建物になったり人型となったりして、ガイとリーそれぞれが、オトがチャクラ操作した木人でお互いと闘うシーンにスピード感があって良かったです!
あと、ガイを閉じ込めた当初は単なる櫓だったのが五重の塔に変化・・・どれだけ木を集めたんでしょ(笑)。

哀しかったのは、龍堂院三兄弟が敗れたからではないです。父の死の真相というか三兄弟が父を理解していなかった、という点です。
でもいつの日か、正々堂々とガイに挑戦できたらいいなぁ、という希望的観測のできるラストでした♪
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<映画【NARUTO-ナルト-大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。