WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  87

アニメ【NARUTO】感想

■第194話「怪奇 呪われた幽霊城」 7月19日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/十文字景 演出/清水明 作画監督/金塚泰彦 作監補佐/ウクレレ善似郎

夏だから怖い話?
それもあるでしょうが、切ない話でもありました。
30分でまとめるのには勿体無い題材だ。

今は亡き契約者が、口寄せ動物を本来の世界に戻したい、
そして口寄せされた動物は、契約者が亡くなっても任務を続行する。

大蝦蟇の胃袋の口寄せは原作にもあったのでピンと来ました。それは今回でも作中で語っていましたね。アニメオリジナルストーリーには、原作と全く別物にしないよう工夫されているのが分かります。
でも、やはり蜜の国の奥方の乗る駕籠や、城の外観が江戸時代っぽいんですよね。首崎は大名だしね。
その割には中は西洋の城っぽかったり、皿にスープが入っていたりして、つくづく【NARUTO】は設定を自由にできるんだと感じました。

今回の口寄せ動物は何となくカメレオンっぽい外見。
契約者一覧の最後から二番目のところに原作者岸本斉史氏の名前が!?
や、以前原作で、サスケの部屋の掛軸には『伊達カントク!!』と描いてあり、アニメでは『岸本先生(センセイだったかもしれない)』と描かれていた事があって、今回もそんな遊びココロがうかがえたのでした(微笑)。

193話「ビバ道場破り!青春はバクハツだ」、第192話「いの絶叫! ポッチャリ♥パラダイス 」があまりにもギャグ一辺倒だったので、今回のお話、良かったです。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。