WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  86

アニメ【NARUTO】感想

■193話 「ビバ道場破り!青春はバクハツだ」7月12日放送
脚本/西園悟 絵コンテ/にいどめとしや 演出/剛田隼人 作画監督/岡野秀彦 津熊健徳

今度の映画第3弾でもリーをフューチャーですよね!それに関係しているのか、木ノ葉の街中の看板が劇場版の封切が間近いとさりげなくアピールですね!

リーの修行には涙なくしては語れないけれど、今回は「ハンカチ不要!ただ笑え!!!」なお話でした♪
道場破りを待ち構える、という設定がリーの性格を活かしていてグー!・・・ん、待てよ? でもリーの性格を考えると道場破りの方が性に合っている気がする。忙しくて修行もままならない、って言うけれど、待っていたって人が来るとは限らないし。 自分以上に強い者は居ない、とは思っていないだろうけれど・・・あっ!
「ボクの初めての人になって下さい」ってセリフからしてリーって受身?(違うだろ)

それはさておき(おいていいのか?)自分の変装が変装になっていない事を自覚しろよ、ガイ;
ルフィがアフロになったりジャぱんの店長松代とか、少し前アニメでアフロはブームじゃなかったか?遅れているぞ(^^;)。

「ガイ先生が相手してくれなくちゃ、オレがゲジマユの相手をしなくちゃならないってばよ!」
でもねー、ナルトの性格からして修行を断る理由が分からない。シカマルみたく面倒くせー訳でもあるまいに。結局谷の国のナナフシが不甲斐ないばかりにガイ到着までの繋ぎで相手させられているんだしね。
サクラに多重影分身したりして、以前ギャルナルトに多重影分身した時も思ったけれど、女性に影分身するひらめきはバカじゃないってばよ、サクラちゃん(つうか、あんまナルトをバカ呼ばわりすんなYO!)。
それと愛弟子リーと別人の変化の区別くらいつけろ、ガイ!偽者には技にキレがないでしょ!(笑)
ダイナミックエントリーで道場の壁を蹴破って入室するガイを見て、自来也を鬼鮫と間違えて一発食らわしたシーンを思い出して笑いが込み上げました。
ナナフシやナルトの変化に気づかないリーだから、ガイの変装にもならない変装を見破れなかったのだけれど、当のガイだけが正体がバレていないと思っているのが大いに笑える!

茶の国限定のポテチ『抹茶ポーク味』、食べてみたいなぁ。カテキンを全面に打ち出せば健康ブーム効果でただのハイカロリースナックではなくなるかも(笑)。

気の毒なスパイのナナフシ、彼の気絶直前のセリフ「ダメだぁ」の後に「こりゃ」は入れられなかったのか(チョーさん風味で)。

一番大ウケしたのは、ガイに変化したナルトの「影分身の術!」の一声でしたね~~~


リーとガイのコンビ、やっぱサイコー!!!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | 映画【DEATH NOTE 前編】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。