WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  677

アニメ【NARUTO】第678感想

■第678話 イタチ真伝篇「真」2016年4月28日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ・演出/山田雅之 作画監督/堀越久美子

大蛇丸が仕掛けた木ノ葉崩しでイタチ帰郷。
本編での初うちは兄弟再会~兄弟対決~兄弟共闘まで一気に来ちゃった(^^;)

暁からの至上命令はナルトの生け捕り。
サスケと対峙しながらのイタチの心の声に、今となっては「こんな事を考えていたんだ」と思うと胸が痛みます。

今回のイタチ真伝の感想
小説版が本編を穴埋めする様な内容でとても良かったので、アニメでもそれに沿って暁へ入隊するまでを丁寧に描いてくれるものとばかり思っていただけに、終わってみたら面白かったのは正直前半第675話まで。そんな中、暁に入ってからの初期構成メンバーと、その一人大蛇丸が何故暁を抜けたのかが分かったのは面白かった。ただ脱退した大蛇丸の始末をするメンバーがヒルコとデイダラで、それ自体は文句は無いけれどこれはもうイタチ真伝というよりも暁伝とでもした方が良かったと思います。
もう一つ付け加えさせていただくのならば、イタチファンの間で取沙汰されていた(!)「イタチは恋人を殺し」という仮面の男がサスケに語った事が真実ではなくなってしまいました!
小説でも本当に恋人と言える程の仲だったのか?イズミが強く想っていただけでは?という感じでしたが、彼女にせめてイタチと結婚し幸せな家庭を築く幻術を掛けてあげて逝かせる最期を何故やらなかったのかが疑問でした。




トビがマダラの駒であり、マダラもカグヤの駒であったという衝撃の事実!!!
忍世界の変革の為、真の平和の為に月の眼計画はあった筈なのですが、それを成し遂げようとしたマダラの行動もすべてはカグヤの為。
アニメは本編へと戻ります。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第677感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。