WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  667

アニメ【NARUTO】第670話感想

■第670話 自来也忍法帳「好敵手」2016年2月25日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ・演出/白川巨椋 作画監督/宮田恵美 津曲大介 ウクレレ善似郎

里の上層部とうちはとの確執。
里の忍が一丸となって戦い、めでたしめでたし、の筈だったのですが、サスケはどうしてもナルトを倒さないと気が収まりません。
理由はナルトが眩しく羨ましい存在だったからという事なのですが、それはナルトも同じだったと思います。

アカデミーで初めて会った時は、うちは一族から見たら火影は敵対する存在で、ナルトはその火影の息子。
うちは一族の長であるサスケの父フガクは、火影であるミナトから「ナルトと友達になって欲しい」との申し出に「ライバルに」と答えました。
フガクに認められたいサスケは頑張ってアカデミーの成績はトップ。一方ナルトはドベです。サスケから見たら情けないナルトですが、危険を顧みない勇気を持ち合わせていたのが、ナルトを許せないきっかけとなったのでしょう。また、考えるよりも体が勝手に動いたというのも、サスケにとっては敗北感だったのだと思います。

自分には無い何かを持っているナルト。

ナルトは文字通りサスケと好敵手となるべく、忍として頭角を現します。そしてただ術が強いだけではない、友を決して見放さない、こうと決めたら決して曲げない忍になって行きます。
長門や最後には九喇嘛まで心を通わせたナルト。ナルトには不思議と人に心を開かせる何かがあるのです。

そして決着はやっぱり拳かよww

皆見たかったんじゃないかしら、主要キャラが平和そうに一堂に会するこんな姿を!!!

≪豪傑伝の終わり≫って!
それも1巻!?
でも本当の綱手の夢は、自来也が生きていて、恋人ダンが火影になっているって夢ですね。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<イタチ真伝のグラフィックポスター | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第669話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。