WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  665

アニメ【NARUTO】第659話感想

■第659話 自来也忍法帳「予言の子」2015年11月26日放送
脚本/武上純希 鈴木やすゆき 絵コンテ/増田敏彦 演出/今川伸之介 作画監督/粟井重紀 安達佑輔

ナルトの中の九尾を引き出して新たな修行をする自来也とナルト。
自来也があばらの骨折をする重症を負ったのは原作を同じ。

大ガマ仙人の予言の子とは一体誰なのか。
自来也の弟子の一人が忍世界の未来を担う。
でもその弟子を正しい方向へ導かなければならない。


火遁豪火球の術をイタチの様には覚えられないサスケは、父に兄と比較されて褒めてもらえない。
一方、螺旋丸の習得をきっと出来る様になると父に励まされるナルト。

掟を守る為には傀儡を突破すると考えたサスケ。
それは里へ帰還で、掟を守ろうとしていると思い、自分の死後に若い世代は未だ掟に縛られていると思ったヒザシとチームジライヤ。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第660話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第658話雑感>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。