WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  631

アニメ【NARUTO】第640話感想

■第640話「八門遁甲の陣」2015年7月23日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/山田雅之 作画監督/大西雅也 一ノ瀬結梨

やっぱりアニメだと分かりやすいガイ先生の『夕象』!

八門全開時のガイの血の蒸気を秋に散り朽ちる枯葉色の様だと例えるマダラ。ガイを落ち葉に例える事で、自分の勝ちを言っているのでしょう。
ガイが命を賭けても守りたいリー達ら若い忍。
リー達を若葉と言うのならガイは散りゆく落ち葉という対比なんですが、うーん、はじめに若葉ありきのセリフに感じます(^^;)

一方ナルトは精神世界で伝説の人物に出会います。
名を六道仙人。
まだ尾獣達が幼い頃に分かれた忍の祖は、忍術ではなく忍宗を唱えた者で、名をハゴロモと言った。
何で精神世界で会えるのか― んー、以前ナルトの精神世界で九尾に会ったのと同じ現象って事でしょうか。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第641話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第639話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。