WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  627

アニメ【NARUTO】第637話感想

■第637話「お前はバックアップだ」 2015年6月25日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ/サトウシンジ 演出/金子篤二 作画監督/堀越久美子

仲間か任務か。

偽物と気付きつつも、それが任務だからと巻物を追い続けるカカシを、少しは彼を理解出来たと思っていたのにまだ理解出来ていないと気付いたオビト。

カカシが仲間より任務遂行を優先するのには、英雄と言われていた父サクモの死が影響していました(父を敬愛していたからこその、裏腹な行動だと思います)。

ミナトからサクモの死の真相を聞かされたオビトですが、サクモをただ漠然と里の英雄として尊敬する対象から、サクモの取った行動がオビトの信念として確固たるものとなったのだと思います。本当にこの頃のオビトは真っ直ぐな心を持っていたのですね。


やっと揃った万華鏡写輪眼。
オビトとカカシ。
息が合った二人のコンビネーションをやっと見られる、ワクワクしたのは私だけでしょうか。
フラフラになりながらもナルトを救おうとするオビト。
お話は最後に駆け付けたガイの少年時代に移ります。


※四代目火影の術『螺旋閃光 超輪舞吼参式』~なんかすごく光っている閃光だった。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第636話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。