WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  598

アニメ【NARUTO】第593話感想

■第593話「第七班、終結!!」 2014年8月21日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ/石井久志 演出/鈴木琢磨 作画監督/Shin Min Seop 石崎裕子

久しぶりの第七班終結。
サスケが抜け忍となって三年。
その三年の間にナルト、サスケは凄まじい勢いで強くなりました。
そして、サクラも。
三忍はそれぞれの弟子を後継者と言える強さに育てた、という事に。

サクラの努力は認めるし、チヨばあと共闘した時のサクラに見直したものでした。
でも鉄の国の橋でのサスケを殺す事へのためらいに、やはりがっかりしたのです。
やはり肝の据わったヒナタと比べるとサクラには厳しい目で見ちゃうので。

そしてサスケの火影宣言と、第七班の活躍にナルトと同期のやる気に火を点けた!
第七班だけが木ノ葉じゃない(笑)
第十班のコンビネーションも素晴らしい。
ただネジが居ない事は残念だし、新生第七班のサイがちょっと気の毒。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第592話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。