WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  585

アニメ【NARUTO】第586話感想

■第586話「全てを知る者たち」 2014年6月19日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/サトウシンジ 演出/白川巨椋 作画監督/浅井聖子
アニメNARUTO586話イタチ

死屍封尽を解術し、かつて三代目に封印された術の全て(両手)が戻った大蛇丸は、早速サスケの為に『全てを知る歴代火影達』を穢土転生します。

◆サスケが知りたかった事
初代から四代目までを転生させてまでサスケが知りたかった『忍とは』何なのか?
自分の進む道を火影達から話を聞いて決めたいとサスケは思うのでした。

◆親しいのに遠い
実の兄なのに、イタチについて知らない事が多すぎるサスケ。
肉親ですら知らされなかったイタチの事を、サスケは三代目から知らされます。またうちはの確執、立ち位置、戦いの歴史を対立していた初代や二代目から聞かされるとは皮肉と言えるかもしれません。

◆聡いからこそ
七歳にして誰に教わるともなく、忍の世界の理や危うさを感じ取っていたイタチ。
一族の利害やしがらみにとらわれなかったのは正しい判断が出来る賢さゆえではありましたが、だからこその自己犠牲に胸が押し潰されそうです。

◆忍の神の実態
弟に頭が上がらない初代火影。
ではありますが、一瞬でその場を察知して収める力を持っている。そんな時の初代の貫禄の凄さはさすがと言ったところ。
想像していた感じと違うと言っていた水月も、ただならぬチャクラを発して制する初代を目の当たりにし納得したと思います(^^;)

◆大蛇丸の木ノ葉崩しの真相
「今では単なる気まぐれではなかったというのが分かる」と言うサスケですが、では真の目的とは何だったのか(語られる事が今後あるんでしょうか?)。

◆本来は愛情深い一族
といううちは一族。
最も親しい人を殺すと発現すると言われる万華鏡写輪眼。
純粋だと思っていたサスケの眼が万華鏡写輪眼だと分かった時、火影達はサスケの身に今まで起こった事の想像が出来たと思います。
単なる『愛情』ではなく『愛憎』が作用する写輪眼。


うちはが何故危険分子となっていったかを大蛇丸はうちは警務部隊発足と権限、一族の住まい等を例に挙げ、二代目がよかれと思ってやった事が裏目に出たと言います。
こうやって見ると初代と二代目は実の兄弟でありながら考え方が違うのが分かります。ただ二代目ばかりを責める事は出来ないと思うのは、やっと火影の下に出来た木ノ葉の里の安定を保つ為に、初代が築いたものを守っていかなくてはならなかったのが二代目ですから、強硬手段もやむを得なかったのかな、と思うのです。

あああーーーー可愛い、仔イタチ(
アニメ586仔イタチ


スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | 拍手お礼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。