WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  546

アニメ【NARUTO】第569話感想

■第569話 カカシ暗部篇~闇を生きる忍~「心を隠す面」 2014年2月6日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/斉藤哲人 演出/堀内直樹 作画監督/高橋直樹 鈴木信一


アニメオリジナル、カカシの暗部編。
時間軸は四代目火影の就任時で、カカシがミナトの希望で暗部に配属になってからの話です。

神無毘橋の戦いでオビトを失った(と思われていた)カカシは、託されたリンをその手にかけ苦しんでいたのですね。
自分でコントロール出来ない夢に出て来てしまうリンの最期。
戦争だから、任務だから、里の平和の為だといっても、一個人に戻るときには大きな苦悩が残るのです。

師として、又、長としてカカシを思い遣るミナト、そしてライバル・友人としてカカシを思い遣るガイ。


◆通り名の誕生
以前、ミナトに千鳥を止められたカカシですが、オビトからもらった写輪眼で敵を見切れるようになり、術と速さが見合う様になりました。
≪写輪眼のカカシ≫≪コピー忍者のカカシ≫と異名を持つカカシですが、いじわるな言い方をすれば写輪眼は借り物。ですが、うちは一族でないカカシが体力に見合わないながらもその通り名通り使いこなせる様になったのは努力や才能だけではない筈です。


◆長は
砂と同盟を結んだ木ノ葉。
当時それぞれの里長が四代目なのに、岩の長はお馴染みオオノキ。
風貌が今と変わらないじゃん(^^;)


◆シスイの右眼
この頃、既にシスイの右眼を移植しているダンゾウ。
まだナルトは生まれていません。
うちはの一族惨殺がサスケが6歳頃。
なんか計算が合わない気が…(^^;)

ヒルゼンが四代目にと推したのがミナト。
タカ派のダンゾウが推したのが大蛇丸。
ダンゾウが大蛇丸に白羽の矢を立てたのは何故?

四代目火影直属の暗部となったカカシ。
オビトとリンの事で影を落とした感があるカカシが、暗部に配属した事でどんな展開が待っているのか期待します。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | 拍手お礼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。