WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  519

アニメ【NARUTO】第554話感想

■第554話「兄弟共闘(タッグ)」2013年10月10日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/斉藤哲人 演出/白川巨椋 作画監督/堀越久美子

結局五影各々に当てたマダラの5体はそれぞれ須佐能乎を使うという、いくら影でも苦戦する戦況に。だが
影1:須佐能5体   ではなく
五影 VS 須佐能乎25体  だと、
オオノキは五影が結束して戦う事を再度伝えて士気を高めます。


一方、ついにイタチとサスケの≪うちは兄弟夢の共闘≫が実現!!!

◆「兄弟して(カブトを)仲間ハズレですか」
どうもカブトは自分が蛇人間(ぷぷ)になっている間に、サスケが≪イタチの真実≫を知ってしまった事を知らなかった様で…≪蛇から龍になった≫とカブトは言っていますが、そんな事はサスケにはどうでもいい事なんです(^^;)

何故ならサスケはいつだってイタチが全てなのでww
aninaru554



◆知りたい!!!≪イタチの真実の真相≫
仮面男から≪イタチの真実≫を聞かされ、兄の愛情を知ったサスケ。
だが時すでに遅し…
本当はイタチ本人の口から真実を聞きたい筈。
ですが真実を知ったのはイタチが死んだ後なので、サスケはその機会を永遠に失った筈だったのです。


◆でも目の前にイタチが居る!?
穢土転生とはいえ、精神はイタチ本人。
こんなチャンスはもう二度と巡っては来ません。何としてもイタチから色々な事を聞きたいサスケ。
だから、サスケと話す約束をするから協力してカブトを止めろというイタチの要望を断らない。

サスケは断れないのではないのです。
真実を話してもらう交換条件みたいなものでしょう。


◆本当の意味での瞳力
うちは一族の最大の特徴は瞳力です。
イタチの精神時間すら自由に操れる月読はその特徴的な術の一つですが、人の心を見透かし心を読み、それを戦いに利用するから、カブトはそれこそが本当の意味でのイタチの瞳力なのだと言います。

まあ洞察力ですね。

◆兄さんの悪口、言うんじゃねーよ!(とサスケは思ったに違いないww)
カブトはイタチを認めている。だからこそ厄介。
心を見透かして人を騙す、根っからの嘘吐き忍者だとカブトはそしるのですが、それに対して怒りの反応をしたのはイタチではなくサスケでした(原作ではそうでもないですが、アニメでサスケはカブトの言葉にイラついています)。


◆付け焼刃のコンビではない
その嘘吐きのイタチの所為で長い間仲違いしていた兄弟が、急にコンビを組んだって上手くいく訳がないとカブトは言います。
ですが、兄弟には仲が良かった頃、兄弟にしか知り得ない二人だけに共有する記憶がありました。
長い間の憎しみはサスケにはもうとうに払拭出来ている。
それに、先ほどのカブトが放った仙法・白激の術からイタチはサスケを守っています。
もう兄弟の絆は蘇っています(イタチが穢土転生しただけにww)。

絆や信頼を回復した今、彼等はにわかタッグではないのです。


◆頼もしく思う
猪の任務の頃はまだ幼くて、標的を外してしまったサスケ。
でも今は永遠の万華鏡写輪眼を得て須佐能乎まで使える程成長しました。

もう標的は外さない!

大猪よりまずは目の前のカブトを仕留めるというサスケ。
イタチの眼には今のサスケがさぞ頼もしく映った事でしょう!!!  イタチ、笑顔を見せていますから(^_-)-☆
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第555話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第553話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。