WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  515

アニメ【NARUTO】第551話感想

■第551話「闇を見る眼」2013年9月19日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/香川豊 演出/堀内直樹 作画監督/高橋直樹

◆動き出した≪鷹≫の面々。
水月は大刀コレクションの為。
重吾は君麻呂との約束の為。
香燐は大好きなサスケと一緒に居たい為(まだ木ノ葉で捕らわれの身ですが)。


◆捕虜(過去形)
重吾と水月。
五影会談の乱入者だったもんね(^^;)


◆捕虜(現在進行形)
香燐は脱出する隙を窺っている様子です。

にしても香燐ってばどれだけサスケの事を好きなんでしょ。ダンゾウとの戦いで盾にされた時、サスケに躊躇なく刺されたっていうのに…

◆同じ情報収集でも
重吾が動物から情報を聞き出せるのに対し、水月は雨という自然現象から情報を得られる様です。


◆「キミたちが嫌いだ」
鷹のメンバーを「水を差す」とか「水掛け論」とか、さすが水月、例えにも≪水≫を使いますww

ですが、

◆水月の本心
サスケは大蛇丸を倒すと、まずは水月を解放して小隊≪蛇≫のメンバーにします。
水月は大刀集めを目的としつつサスケと行動を共にするのは、大蛇丸のアジトからの解放にサスケに恩を感じているのもあるでしょう。もし本当に蛇のメンバーを嫌いなら、今はサスケと一緒ではないのですから、そのまま脱走してしまえばいい事。だって水月が恩を感じているのはサスケであって、今一緒にいる重吾じゃないですから。

キラービー捕獲の時、水月は弱ってしまったサスケを香燐と重吾に任せて一人で戦おうとしました(ここで水月だけでなく、サスケにも仲間意識が芽生えたと思ったのですが、≪イタチの真実≫を仮面男から聞かされてから、≪鷹≫との仲間意識も切ってしまいました)。
水月がサスケと行動を共にするのは香燐との邪魔をする為と言っていますが、再不斬の首切り包丁を手にした今は≪面白半分≫の意味合いが強いと思います。
勿論、鮫肌はコレクションに入れたい大刀でしょうけれど(^_-)-☆


◆小隊メンバー起用の基準
それにしても何故サスケは重吾を小隊のメンバーにしたのでしょう?
重吾が君麻呂の親友だったからでしょうか?
で、君麻呂亡き後、重吾の衝動を止められるのはサスケで、かわせるのが水月だったからでしょうか?(サスケが居ないと香燐危ない!!! あ、だから今木ノ葉に居るのかww)


◆本当の強さ
白ゼツのコピーから現状を聞き出したサスケ。
サスケは目的の為に仲間との≪繋がり≫を切って来たのに対し、ナルトの元へは仲間がどんどんと集まって来ているとの事。
≪イタチの真実≫を知ったサスケは、イタチの思惑とは反対に木ノ葉を滅ぼそうとし、殲滅する事で≪繋がり≫を断とうとしています。それが今のサスケの正義なのでしょう。

サスケが恨みの対象を里の者全員に向けているのに対し、ナルトはその思いをすべて自分へ向けろと言いました。
もう第七班でもない抜け忍となったサスケとの繋がりを、ナルトの方は切っていなかった。
サスケが里を攻撃すると宣言しても、ナルトはその思いごと受け止める覚悟が出来ている。
信じた事は曲げないし、ブレないナルト。
孤独の痛みを知る者同士、そしてその痛みでお互い強くなった筈なのに、サスケには≪ナルトが人の心の痛みを理解し寄り添った事で強くなったのだ≫という事に気付いていません。

イタチの眼を移植し、サスケは永遠の万華鏡写輪眼を手に入れ更なる瞳力を手にしましたが、武力がすべてではない事に気付いていないのです。

スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<拍手お礼 | WIND OF MOON | 拍手お礼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。