WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  509

アニメ【NARUTO】第546話感想

■第546話「四尾・仙猿の王」 2013年8月22日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/岸川寛良 演出/中山奈緒美 作画監督/堀越久美子

久々に登場、サスケ、水月&重吾!
◆根はMなのかSなのか?
大刀探しという目的の次に香燐の恋路の邪魔をしたい水月。
香燐と一緒にいたらぞんざいに扱われるのを分かっているクセに(^^;)。このひねくれ加減もカワイイのか、水月ファンの皆さん?

◆「顔を覚えるのは苦手」
過去、鬼鮫と二度戦ったガイですが、鬼鮫がガイをばっちりと覚えていたのに対し、ガイは全然覚えていなかったもんね。理由はこれで納得(^^;)

◆尾獣同士はテレパシーで会話
出来るんですね。
破壊力は勿論のこと、人間の言葉だって喋れるし、尾獣はすごい能力持っているんですね~

◆「良く見抜くいい目を持っている」
とカカシに言う仮面の男。
って、自分の眼じゃん!? 自画自賛なのか(^^;)



ビーと八尾は人柱力と尾獣の理想的な関係だとナルトには映っている様です。
ですが殆どの人柱力と尾獣の関係はそうではない。

十尾を完全な形だと捉えているうちはマダラにとってみれば、九つの尾獣に分かれた状態は「一時に結節した仮の姿」であり、「知の足らぬ不安定な力」だから、うちは(マダラ)が統べるのだという事なのですね(ーー;)

マダラに比べれば初代火影やミト、クシナは九尾を使役させようとしなかったところはマシですが、窮屈なところへ閉じ込めて自由にさせなかった点で人間は皆同じに感じたのかもしれません。
そして何よりも彼等の存在を認めていないのは

         名を呼んでいない事で分かります。

ナルトは鎖に繋がれた四尾の孫悟空から、尾獣それぞれに名がある事を知らされます。
九尾と今まで一緒に居ながら名すら知らなかった事に、孫はナルトも今まで出会った人間同様だと思っていました。
人間の尾獣への関心が尾獣自身ではなく、強大な力を持つ物(この場合兵器と言えばいいでしょうか)でしかないから、名前などどうでもいいという解釈なのだと。
そんな孫の話に、ナルトは自分の過去を重ねます。

自分には名があり、両親と師匠の大切な思いが込められている。

人の嫌がるいたずらをしてまで存在感をアピールしたナルトには、孫や尾獣の気持ちが分かるのです。
九尾ら尾獣に対する人間の接し方にも問題があった。
だから本気で九尾の憎しみをどうにかしてやりたいし、ビーと八尾の様になりたい。
今、目の前にいる孫もどうにかしてやりたい。

そんな人間に会った事がない孫ははじめはナルトを笑い飛ばしますが、ナルトの真剣さが伝わった様です。


◆察するのも早い八尾、素直じゃない九尾(^^;)
もうとっくにナルトに九尾が心を動かされているのを分かっている八尾。いい加減九尾も認めろよ(^^;)



イタチの眼を移植して永遠の万華鏡写輪眼を手に入れたサスケはどこへ向かうのか?
久々に出たと思ったら「あら、これだけ?」と本誌を読んだ時にそう感じたのを思い出しました(^^;)ですが、この後サスケは!!! ←

兄さんとの邂逅のシーンを是非美麗に!!!(すごく望んでいます
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第547、548話感想 | WIND OF MOON | 拍手お礼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。