WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  491

アニメ【NARUTO】第531話感想

■第531話「ROAD TO SAKURA」2013年5月2日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/白川巨椋 作画監督/松本顕吾

昨年の劇場版「ROAD TO NINJA」の前日譚。
余談ですが、劇場版公開直前にはサクラメインで第491話「ROAD TO SAKURA」(2012年7月26日放送)を放送。脚本家も同じ。
尚、このお話は昨年2012年WJ第34号に掲載され、その後劇場版の来場記念としてプレセントされた「巻ノ忍」にも収録。

個人的には劇場版にが初登場! この一言に尽きます!!
暁な皆さん(存命中)


◆無限月読の試作
術を嵌める対象者の望むものを探り、マダラの術で作り出した世界へと誘う「限定月読」。
って、いつの間にそんなすごい術者になったんだ、オビト!

◆粋なはからいその①
一人暮らしのナルトを寂しくさせまいと、仲間に声を掛けるリー。
そうそう、任務(仕事)をやり終えてほっとした時、帰る場所に愛情があると癒されるよね。

◆神出鬼没?
何で毎回窓の外から訪問するの、リー???

◆チャラスケは登場しないの?
劇場版が公開されるまで話題沸騰だったチャラいサスケ、略して「チャラスケ」。
今回登場しませんが、またもや「ありえねだろーーー」な「微笑むサスケの入浴≪サービス≫シーン」!
cyarasuke

というか、シノがサスケに見えるなんて、ナルトさん、相当お疲れなのでは!?(^^;)

◆蠢く芋虫
芋虫といってもいろいろサイズがあると思うのですが…(^^;)

◆粋なはからいその②
家族が待っているから遅くはなれないとナルトに話す同期の面々。それをやんわりと制すシカマル。
リーに続き、仲間思いの同期メンバー。

◆仲間思い
ナルトはリーが覗きの嫌疑を掛けられた時、リーはそんな事をする奴ではないと庇います。これぞ木ノ葉流的な仲間意識。でもま、そうですね(^_-)-☆

◆アニメ化十周年にして明かされる春野家
サクラの両親はどんな人達なのか、家族構成はどんななのか、一応ヒロインなのに(一応って;)連載が開始されて十年以上も謎のままだったんですよね。それがアニメ公開十周年の節目となる昨年、劇場版公開にともなってやっとこさ明らかになったのですが、今まで一般家庭だとか噂されていましたが両親共忍で、父はダジャレ好き、母はモーレツで意外だった、という記憶がよみがえりました。
一般家庭なのでは?というのは、同期の家族や親せきは結構活躍する場面があったのに、サクラはヒロインなのに家族の描写が一切なかったから。
サクラの父の髪型にはこだわりを感じました(^^;)


今回だけ…というか、劇場版を見てない人にとってはオチがないので何のことやら???でしょうが(^^;)、これとアニメ第491話を続けて観た後で劇場版を見ると面白いと思います。
勿論本編だけでも話は通じますが、この第531話だけとか、第491話だけでは視聴後に疑問が残ってしまいます。
だから、アニメオリジナル話を見た人は本編も見たくなる、というのが狙いなのでしょう(笑)。

それからちょっと気になったのですが、
Blu‐ray とDVDに「ROAD TO SAKURA」は収録されていますがこの話は未収録。
SDの「ROAD TO GUIです!」が収録されているのにこちらは収録されていないなんて、本編との関連性を考えると手落ちの気がしますが、放映日上、また発売日の関係上仕方がなかったのでしょうか?というか、これも収録して尚且つ発売日をこの話の直後にすればよかったのでは?と個人的には思います。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第532話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第530話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。