WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  457

アニメ【NARUTO】第510話感想

■第510話「力-Chikara-episode1」2012年11月22日放送
脚本・絵コンテ・演出/黒津安明 作画監督/鈴木博文

うぉ~~~~~、劇場版でもないのに 何、このクォリティ!!!

まぁ当然といえば当然なのですが、黒津&鈴木コンビ再び!なので、当然見る側は期待してしまう訳ですwwww

ちなみに、黒津さんは
劇場版 NARUTO -ナルト- 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ(2006年)監督、脚本、絵コンテを担当。
更に【最遊記】にも参加していました!

このお話の時間軸は『新生第七班』が出ていて、穢土転生した暁のメンバーの内、イタチや長門らは動かなかったので、カブトがトビに『力を見せつける前』という事になります。


今までのアニメオリジナル話では何だか江戸時代っぽい町人が出て来たりしたのですが、今回ハチョウ町のディソナ村長や警備隊の人達の顔つきや服装なんかは西洋っぽい。

◆何だか【鋼の錬金術師】の制服を思い出す(^^;)

◆やっぱり死んでいた…
飛段! いくら不死身でも食べないと飢え死にするよね…(^^;)

◆目のやり場に困るんです
飛段!(^^;)

◆しかしカブトはよく奈良家の森に潜入出来たものだ(^^;)

◆超獣戯画は水の中でも大丈夫なんですか?

◆名前はハ長調(^^;)
ドック レオ ミイナ ファマ ソラ ランド シセル


穢土転生を研究中のカブト。
穢土転生の術の仕組みは原作にあったけれど、開発過程を描いたのは面白い。

『ホール』と呼ばれる命に満ち溢れている水のある場所の外は干上がってひび割れている。
その命に満ち溢れた水が穢土転生に必要な強い再生能力を引き出せる場所なんですね。ウィルス並みの細胞促進とか。

焼き討ちに遭い、トニカ村(滝隠れの額当てが確認出来たので、トニカ村は滝と木ノ葉の国境に位置するのでしょう)は全滅したというけれど、レオとミィナとドック先生が後から連れて来た子ども達はその生き残りって事ですよね。

ミィナが持っていた二本の半透明な棒が気になる。
それと【未知との遭遇】っぽいミィナの歌のメロディーと角の様なトゲの様な、光を内包するフォルムの正体も。

演出では
火事で燃え上がる炎の赤、ドック先生とレオとミイナが再会した時の夕焼けの赤が印象的。
動きや演出がTV版とは思えない。これは劇場版クラス[m:66]
動きも『ため』があるし。


お話の後半から出てきたトニカの村のレオとミイナ兄妹、そして彼等が『先生』と慕うドック(って、まんまぢゃねーか;)。
彼等が今後の展開にどう関わって行くのか。
そしてドックの両腕にある刺青の様な模様の術式みたいのが今後関係してくるのか。

今回は『力』のイントロ。
とにかく黒津&鈴木コンビのお話、期待します。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第511話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第509話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。