WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  445

2012年9月に終了したアニメ 感想

◆日曜日◆
【ファイブレイン】
パズルを実体化させて戦う“頭脳バトル”アニメ。
サンライズ作品ですが、ロボじゃない。
お子様向けとしては題材も面白いのでいいと思うのですが、“大きなお友達”(要するに自分)には、もう少しキャラデザに色っぽさがあればもっとハマれた(笑)

第1期での敵ルークも、今回の敵フリーセルもどれだけカイトが好きなんだ!?

明るくパズルが好きなカイトを独占したいけれど、自分との約束を果たさずに離れてしまったカイトをフリーセルが憎んだのは愛情の裏返しだった、というところもルークに似ている。違う所はフリーセルがマザコンだったところでしょうか。

パズルを解けなくさせて無限ループにカイトを引き込む事は、カイトを独占して自分の世界に閉じ込める事。
難しいパズルを解くカイトを強い人間だと憧れたけれど、実際のカイトは両親を亡くし、寂しくて孤独だった。そんな弱いカイトをフリーセルは求めている訳では無いので、フリーセルが求めたカイトはフリーセルの作り上げた幻影だったのかもしれない。
カイト自身は自分は弱くて周りに助けられていたと言う。だからフリーセルとは一緒にはいられない、と。

弱いカイトなんて認めたくないんですよ、フリーセルは。

カイトはパズルを解くことでフリーセルを解放しようとし、パズルは解くから面白いのだと伝えゲームに勝ったけれど、オルペウス・リングはフリーセルから取れなかった。
何故なら母親への思いがまだ解放されていなかったから。
母の思い出の品のパズルを解き過去の呪縛から解き放たれ、新たなパズルを作る事でフリーセルの時間はやっと動き出した。

              未来へ向かって ―

今までパズルを解くのはカイトやギャモンなど単独の方が多かったけれど、今度はカイトは仲間たちと共に愚者のパズルを解放するという。
心配を掛けまいとか、とばっちりを受けない様にするとか仲間を守るだけではなく、一緒に立ち向かおうという強い仲間意識を感じた終わり方。
来年2013年には続編があるそうで、楽しみです。

最後に第2期では更に声優陣が豪華になり、そんなところも見どころ(聞きどころ)でした。


◆月曜日◆
【君と僕。Ⅱ】
6月に終了しています。追っかけ視聴でした。

特に印象に残ったのが双子の悠太と祐希の幼い頃のエピソードを入れた「ゆげのなかに」。
金欠で、ゲームを買う為にファミレスでバイトをしようとした祐希と、祐希の替え玉をするはめになった悠太の話「MIX JUICE」。

進路がまだ決まっていない高校二年生の「君と僕」達(要は決めたみたいですが)。
モラトリアム世代の日常をゆったりとした気分で見られました。
茶道部一日体験で二期終了。続編もありそうな予感♪
茶道の先生役のCVが森川さんで、なんだか得した(?)気分になりました。


【うた恋】
原作は『百人一首の主に恋愛歌を題材にしたコメディ・タッチのストーリー短編漫画集。平安時代の歌の世界を、流行語や外来語を交えた可笑しみのある現代訳で、詠み人を主人公に想いや交流を描いている』というウィキの解説の様に、千年前の恋愛歌を現代訳する事により、当時の恋愛や暮らしを分かりやすくした事で古典に興味を持つきっかけになればいいな、と思った作品。


◆火曜日◆
【スケット・ダンス】
現在もWJ連載中のアニメ。
大抵は軽妙なギャグで展開されるのですが、時折主要人物の過去がシリアスで、そういう所でメリハリをつけていると思えなくもない。
ゴールデン・タイム放映らしく、楽しくて、登場人物が生き生きしていて、特に女の子は一人ひとりキャラが立っていて、時折「これ萌え系アニメ?」と思った程可愛いけれど、パンチラとか無い分“全年齢向け”かな、と。

女の子キャラだけでなく、GACTがCVを担当したダンテも多分話題になっていたと思うし、作品内とはいえ演歌を歌うGACT(や、ダンテなんだけれど)なんか超聞きドコロだったと思います♪
楽しかった!


【黒子のバスケ】
これだけ熱心にアニメを見て、原作を読み直しハマッたのも、マイミクさんの影響が大きかったです!

原作は連載を開始した時から読んでいるのですが、まさかこんなに人気が高まるとは思ってもみなかったです。だってアニメ化するまで誰も話題に出してなかったですもん(^^;)。

           まさにアニメのけん引力!

アニメ化で関連商品はおろかコミックスさえ入手困難になる程人気が沸騰した作品も近年では珍しいのでは?
多分現状は女性人気に支えられているところが大きいと思う。
というのも、原作ではさらりと描かれているのに、アニメでは効果的に陰影を付けたりして演出で煽っているんです(^^;)例えば第5Q『おまえのバスケ』で、黄瀬と火神の対比。黒子視点で黄瀬がぼんやりとした陰影なのに、火神には後光が差しているなんて演出
     
     いかに黒子の現在の光が誰なのか、これでもかッ!
というくらいの手法で描かれているし、桐皇の桜井のお弁当をつまみ食いする青峰の描写もある意味狙っているなぁと。

でもやはりアニメ、原作との差別化がそこかしこに。
特筆すべきは試合中の動きで、特にゴールネットにボールが入った時のリアルさといったらない。
個人的には青峰の動きがすごく良くて、青峰が試合している回は本当に良く動かしていたな、といった印象。

今回は『黒子のバスケ』ではなく黄瀬青峰のバスケ』で終わってしまったので、残りのキセキのメンバー赤司と紫原の試合も是非アニメで見てみたいです。

半年間、毎週火曜日の夜が楽しみでした!


◆水曜日◆
【氷果】
某所で【春アニメ男性キャラクター人気投票(2012)】で、黒子テツヤを百票以上離して堂々第一位に輝いたのが、この作品の主人公・折木奉太郎。
主に学校中心とするちょっとした事件の謎解きなので、殺人事件等推理もののドラマチックなものはないけれど、舞台を学校にした分、若い世代にもとっつきやすかったのではないかな、と思いました。

最終回、狂い咲きの桜が幻想的で、その桜をバックに生き雛として歩くえるを見た時に、奉太郎はえるに恋をしていると意識したんでしょうね。
省エネをモットーとする奉太郎ですが、恋をしたら省エネモードではいられません(笑)。

進む大学は違うかもしれないけれど、卒業したら地元の為にそれぞれが学んだ知識を地元に活かす、そんな希望を持つ二人がまぶしい。
これから二人の恋が始まる予感がする、すごく純粋で良い終わり方だったと思います。


◆木曜日◆
【夏雪ランデブー】
花屋の年上の未亡人に恋した若者と、若者にだけ見える亡くなった亭主との三角関係。
ですが、
主役を若者(男)にした点がとっつきやすかった。
これが未亡人を主役ににすると、若い新しい男と死んだ亭主との間に揺れ動く「ああ、結局私ってモテるわ。死んだ亭主の事は忘れて新しい恋に走ればいいのね」とか、何とも共感しかねてしまうのです(^^;)。

一番興味を引いたのは、これが『プレスコ収録』アニメだという事。
声優の演技がまずありき、という事ですね。
※プレスコとはプレスコアリング(prescoring)の略で、セリフや音楽・歌を先行して収録する手法である(ウィキペディア)。


【もやしもん】
待っていました!
主に二人の人物の『新境地』を描いたこの第二期!

いいなずけとの婚約解消で日本へ戻った長谷川。
彼女が樹ゼミに居る理由は結婚からの逃避だったのです。
でも婚約が解消された今、ゼミに『居座る理由』はなくなってしまったけれど、『居続けたい理由』が長谷川にはあった。
ゼミは長谷川に「おかえり」と言ってくれる場所。
もしかしたら美里とくっつく事ってアリ?

そしてフランスに出来た新たな蛍のライバル(?)マリー。
黄金丘陵で奇跡の葡萄の実りを得る『選ばれた家族』だという誇りを胸に、祖父、父、兄と共にやっていこうというマリー。

今回一番印象に残ったのが、長谷川が樹ゼミに居る理由について樹教授が語るシーン。

皆それぞれ価値観や思考が違い、それぞれが考えている事に全員が賛同する訳ではない。
何故そうなのかと理由を聞いておいて中には理解出来ないと怒ったり否定したりする愚か者(←樹教授曰く)も居たりするけれど、全てを知る事が常に幸せをもたらすとは限らない。
ただ、知ろうとする事をやめてしまったらそこで終わり。

これ、長谷川に言っているというよりも、価値観の違いを受け入れる事の重要性、探究心について語っている、という気がしました!

それから、ワインボトルの形の話が興味深かったです。
また、『菌劇場』も毎回楽しみでした♪

それぞれの『新境地』を胸に一歩踏み出す樹ゼミの面々。
そして新たな波乱(?)の予感、『かのうファーム』というボックスを運んで来た女性。
これは第三期があると考えていいですね!?(沢木の兄も見たいし!!!)


◆金曜日◆ ~ なし


◆土曜日◆ ~ なし
スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第502話感想 | WIND OF MOON | 拍手お礼>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。