WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  429

アニメ【NARUTO】490話感想

■第490話「金色の絆」2012年7月12日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/濁川敦 演出/河合滋樹 作画監督/甲田正行

◆かつて雲隠れが集めた五つの最強忍具
最後のひとつが揃いました!

1.幌金縄(こうきんじょう) 人を縛り言霊を追い出す。
2.七星剣(しちせいけん) 言霊を斬って呪う。
3.紅葫蘆(べにひさご) 言霊を録音して、人を封じる。
4.芭蕉扇(ばしょうせん) 火水雷風土 全ての性質を巻き起こせる。 そして、
5.琥珀の浄瓶(じょうへい)持っている者の呼びかけに応えただけで、ターゲットの声を録音し封印する。


◆やっぱり少年モノはこうでなくっちゃね♪
銀閣を封印された怒りもあって、九尾のチャクラを帯びてより狂暴化した金閣。
増援が来てもあまりのエネルギーの大きさに苦戦する忍連合ですが、ひとりひとりの力は敵わなくても、
仲間を信じる絆の力で最後は勝つ!


◆信じる力
金属で価値が高い金と銀に自分達をなぞらえ、忍連合をそれよりも劣る銅であるとうそぶく金閣。
ダルイも健闘しているし、元々そこに配置された忍連合も頑張っている。
で、そこに駆けつけたのが『次世代猪鹿蝶』。
親世代の猪鹿蝶を知る忍達には駆け付けたのがその子ども達だと分かってがっかりしたのですが、彼等は親の連携の良さを引き継ぎながら、彼等なりの絆の力で金閣を封印するのに成功しました。

この戦争の対策の中枢に配属されているシカクと重要な伝達係であるいのいちは、自分達が現場へ赴く事は出来ません。
なので、金閣封じの大変な任務を彼らの子ども達に託します。
それなりに経験を積んできたいの、シカマル、チョウジですが、まだ彼等の親の様な実績と信頼までは得られていません。
任務の重大さを知り、弱気になるチョウジ。
でも伝説というのは誇張されいたりするし、ここで頑張って成功すれば、間違いなく周りは次世代猪鹿蝶を新たな伝説として語り継ぐのだという事を息子達に伝えるシカクは素晴らしいです。
大変だけれど期待されているという信頼感が、彼ら三人の背中を押した気がします。


◆一難去ってまた一難
師・アスマの命を奪ったかつての敵・角都との再会。
どんな術を使うのか手の内は分かっているので、第十班は弱気にはなっていなかったと思います。
が、角都と一緒に現れたのがアスマならば話は別!


スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:1 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第491話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第489話感想>>

この記事のコメント

No.119 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-27 Fri 19:10 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∥金閣:よくも!!∥→金閣が尾獣化∥ダル:まるで、九尾の人柱力じゃないかテン:なに??:金閣がああなるのは久しぶりに見るな。→ナルトが異変に気づく。ダル:流石にやべーな... …
2012-11-20 Tue 21:51 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。