WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  425

アニメ【NARUTO】第487話感想

■第487話「木ノ葉の天才軍司」 2012年6月21日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/香川豊 演出/高山秀樹 作画監督/平田賢一 古矢好二

原作では『№525影、復活!!』一話を、シカマルの父・シカクを『天才軍師』としてフィーチャリングした丁寧な回。

歴代の強者を縁があった者にぶつけるカブトの穢土転生。
二代目・土影、水影、三代目・雷影、四代目・風影と、各里のかつての忍の頂点を転生。
当然の事ながら、現五代目・風影我愛羅は父と戦う事になるのですが…


○好戦的な二代目土影と水影。
うーん、影のくせに水影のガラの悪さったら…(^^;)


○実際の目の色と偵察用の目の色が違う我愛羅。


○超レアな存在。
血継限界の更に上の『血継淘汰』。
風土火の三つの性質を一度に合わせる塵遁。今では現三代目・土影だけらしい。
カカシが以前説明していましたが、強い忍の中には性質変化を二つ以上持つ者も少なくなく、白の氷遁も二つの性質変化を合わせたもの。
カカシの写輪眼でも血系限界はコピー出来ないから、性質変化を三つ合わせた塵遁を使う二代目・土影には、やはり三代目・土影が応戦するのが適任って事ですか。


○いよいよ第四次忍界対戦に臨む忍達。
戦争経験者もそうで無い者も、仲間を信頼して心を一つにしなくてはならないとき。



現状把握と勝利への作戦を目の当たりにし、雷影も土影も過去木ノ葉と苦戦したのはシカクの頭脳が大きく貢献していたのだと認めました。

歴代の影は経験値が違う。
戦場心理を読んで、うかつには踏み込んで来ないというシカクの読みは、オオノキも同じ。
ただ、逆もまた然りだと。
「戦闘連隊を一つにまとめた我愛羅。それは若さゆえの情熱が大きな要因だが、戦場ではそれが逆効果になる事もある」
百戦錬磨の元影に、若きリーダーの戦法が試される!
スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第488話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第486話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

→ガアラの軍のところに、敵がくる。|カブト:二代目土影が感知されたようだね。|:あのクラスなら感情を殺さないほうが戦火がでるか。※カブトさん大活躍だな。→歴代4影を呼び... …
2012-10-25 Thu 20:46 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。