WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  421

アニメ【NARUTO】第483話感想

■第483話「サイとシン」 2012年5月17日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ・演出/石井久志 作画監督/容洪 石崎裕子 阿部弘樹

アニメNARUTO483話サイ子供時代
ぎゃ~~~、サイ、めちゃくちゃ可愛い~~~~

結論から言ったらとても面白かった!
というか、感動した!!

サイとサイの義兄・シンの過去をアニメ・オリジナルで挿入。こういうのイイね

●同胞殺しはうちはだけではない
思い返せば、サイが初めて登場した時、NARUTO始まって以来の下ネタ発言キャラで驚いたのでした。
貼り付いた様な愛想笑いと人の心を逆撫でするキャラだなぁってね。
でもそれには理由があり、ナルトやサクラと新生第七班のメンバーとして任務を共にしていくうちに、彼は自己を取り戻していき、今では好きなキャラとなりました(^^)。

鼻持ちならないキャラだった頃(サイの絵本の最終ページがまだ完成していなかった頃)、彼は同じ新生第七班のメンバーに信用されていなくて、隊長のヤマトにすら義兄シンの死因はサイが手に掛けたのでは?と勘繰られていました(まぁ、信頼されていなかったのは、ダンゾウからの命令を優先していたからなのですが)。
それに関してサイは、シンの死因は病気だと答えていたのですが、ここに来て真相が明らかになり、やはりサイは殺していなかった!
サイが肌身離さずに持っていた絵本はシンからのプレゼント、という設定も全く違和感ありません。
ここでこの絵本は『形見となった訳なんですが。

アニメNARUTO483話シン子供時代
喜ぶサイを見る表情が優しくて…この時シンが既に死を覚悟していたと思うと切なすぎる!


●『血霧の里』を非難出来ない
それにしても、ダンゾウも酷な卒業試験を用意したものです。
ダンゾウにはダンゾウなりの愛国心があったのでしょうけれどね…

生き残ったサイも辛かったですが、シンが可哀相すぎる!
存命中は、孤児で、暗部の養成部員で、不治の病で、挙句の果てには弟の様な存在のサイと殺し合わなくてはならないなんて…

その上、穢土転生させられて『無限操り人間爆弾』ですから!

でも最後の最後、楽しみにしていたサイの絵本の完結を見られた事で、彼は救われたのですね…もう涙無しには見られませんでしたよ!
成仏してください、心安らかに…


●芸術コンビ!
一流の傀儡師と謳われたサソリ。
かつての名立たる忍を傀儡にし自在に操り、果ては己すら人形にしてしまった天才造形師。
どんなに優秀な忍でもやがては老い、寿命が来てしまう。
彼は傀儡に能力を閉じ込め、朽ちる事のない術として芸術の域まで昇華させました。
けれどどうしても生身の部分、心臓を突かれてサソリは息絶えた経緯がある。
だから穢土転生という不死身の術は、彼が求めていた不滅の術の具現化の一つとなった訳ですね。


●プライド
傀儡に術を入れても、それを操る人物に能力がなければ単なる人形。
だからこそ、自分までも傀儡となる事がサソリの久遠の理想だったのでしょう。
穢土転生の不滅は、サソリ自身が人に操られる事と引き換え。人に使われる『人形』に成り下がってしまったということに。
サソリが作った傀儡も今はカンクロウが操っている。
結局『心を動かす』のは、『今を生きる』カンクロウだったのです。
良い後継者を残したという点で、サソリの人生は無駄ではなかったし、功績は大きかったと言えます。


●誰か
デイダラの魅力を私が納得行くように説明、please !

●阿吽の仁王像のWロケット・パンチ
にぶっとばされる芸術コンビ!

●負け犬(?)の遠吠え
捕えられて自由がきかなくなっても負けん気だけは強いです、デイダラ(^^;)


原作ストックが足りなくなる様なら今回のサイとシンの話の様な原作を補てんする話を入れてくれたら大歓迎!

最後に。
サイってこんなに色っぽかったっけ?
何故だろうかと考えて分かりました!唇の形ですよ(シンと比べてみて)!

うちは兄弟愛を支持している私ですら、サイとシンの話は萌えた!
え~話や~~~~


それにしても、
喀血は反則だよぅ!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第484話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第482話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。