WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  413

アニメ【NARUTO】第476話感想

■第476話「終結!忍連合軍!」 2012年3月29日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ・演出/石井久志 作画監督/容洪 石崎裕子

いよいよ第四次忍界対戦勃発!

●仮面の男とカブト率いる十万のゼツ VS 忍連合軍八万

短期間に忍連合軍は五つの部隊に振り分けられた。

第一部隊:隊長雷のダルイ~中距離で主に暗器や武器で戦う。木ノ葉ではテンテン。
第二部隊:隊長土の黄ツチ~近距離で最前線。木ノ葉ではヒナタ、アニメではネジも。
第三部隊:隊長火のカカシ~中・近距離間のサポート。スピードと体力。木ノ葉ではサクラやリー。
第四部隊:隊長風の我愛羅~遠距離。前線のサポートと後方の盾。木ノ葉ではシカマル、チョウジ。
第五部隊:隊長鉄のミフネ~戦闘特別部隊。木ノ葉ではいの、シノ、キバ。
連隊長は兼任で我愛羅。

現在、仮面男とカブトは『山岳の墓場』という場所に居るらしい。
そこで、歴代の手練を穢土転生させた(デイダラがまた棺桶に)。
穢土転生を十万のゼツを器に…って事なのでしょうね。倒してもスペアがかなりいるから厄介。


●あわれ囚われの身
初代の細胞を組み入れた唯一の生体実験体の生き残りヤマト。
その彼をゼツ強化の為に、初代をリンクさせている外道魔像に更に組み入れる。

●「己の覚悟を実行出来ない」
生存する唯一の木遁使いなのが災いしたヤマト。
カブトに初代の力を抑制させられて自分の体なのに言う事をきかない。
役職が上であればあるほど、生け捕りされたときの情報漏えいは避けたい。
特にテンゾウは暗部だったから尚更、生きて捕まる訳にはいかないと叩き込まれていた筈。
この人、本当に気の毒な人だ…

●ゼツの正体
初代柱間の細胞を培養した十万のゼツはクローンなのでしょう。

にしても、ゼツを最初に作ったのは誰?
でもって、多分仮面男はゼツを器にしている形骸化した存在。
だから体の一部が吹っ飛ぼうがもがれようが、次に会った時には元通りって事ね。

仮面男も穢土転生なのかね?

なら術者は誰よ?(すごい技術!)

そんでもって術者が死んでいたら穢土転生は解けないんだから、既に術者は死んでいる(口封じの意味も含め)て事?

●手をとりあって
QUEENの歌じゃないですが…
忍だけでなく、侍も目的を、心をひとつに!
う~~ん真の平和の方法はナルトに丸投げな気がしないでもない。

ストーリーが進むにつれ、どんどんシリアスになる【NARUTO】。
段々ギャグが少なくなってきています。
ナルトも実力からすれば上忍クラスだと思うのだけれど、そんな強い忍者に育ったナルトはもうなかなかギャグかませられない。
ドS級任務もちょっと苦しかったし…
その代わりと言ってはナンですが、オモイの取り越し苦労は笑える。


今週のイチ押し一コマ。
アニメ576話
八万の忍連合軍の整列。
圧巻です、力入ってます。

●おまけ●
【青春フルパワー忍伝】のリー。
何でパンツまで破れるの!?
パンツは縮んでなかったよね?


次週から約一月間、総集編のようです。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<2012年3月で終了したアニメ感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第475話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。