WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  405

アニメ【NARUTO】第467話感想

■第467話「狙われた九尾」2012年2月2日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/サトウシンジ 演出/石井久志 作画監督/容洪 石崎裕子

愛する息子が九尾化しないように、ミナトもクシナもここぞという時にはナルトを助ける様に仕組んであったという事ですね。


●チャンスは2度?
先に九尾化した時、ナルトの精神世界に現れたのは父親のミナト。
でもって、今回は母親のクシナ。
「これでミナトのところへやっと行ける」
ということは、2度はナルトが九尾化するという事を踏んでいたって事?
そして、ナルトは2度目で九尾をコントロール出来る事に予めなっていたのでしょうか???


●愛情の欲求
天涯孤独だと思っていたナルトなので、母親の「愛している」を聞いて、安心出来て力が湧くのは分かる気がする。
そういえば以前サスケに、「最初から独りだったお前に(家族を失う悲しさ、苦しさの)何が分かる」と言われていましたね。
ちょっと話が逸れますが、家族の愛を失ったサスケと、天涯孤独だったナルトの、どちらが不幸かは簡単には比較出来ないし、同レベルでは語れないと思うけれど、家族の愛情に対するナルトの渇望はハンパなかったのではないかな。両親の愛情を知らなかっただけに。
サスケがマイナスの力が増幅しているのに対して、ナルトはプラスの力が増幅しているんですね。


●人類皆兄弟…?
ずっと反発しあっている千手とうちは。
でも元々この二つは祖先が一緒だし、千手とうずまき一族も遠い親戚。
長門とナルトも遠い親戚ということになるし。
ならサスケとも遠い親戚になるって事ですよね。
ドベとか落ちこぼれとか言われていたナルトも、潜在的な才能があったって事でしょ?


●額のチャクラ
初代火影の妻になった渦の国のくノ一ミトには、綱手と同じ様な形のチャクラが額にある。


●最近気付いた…(^^;)
チラリと出て来た、イタチ&サスケの母ミコト。
彼女は上忍だった!(オフィシャル・データにて)


●隙を狙わせない
出産が唯一、尾獣の封印が弱まるのなら、最初から人柱力を男性にしたらいい…って事にはならないのかな。
尾獣を押さえつける特殊で強いチャクラを持った適任者が、その当時はそれぞれミト、クシナで、それ以上の適任者が男性には居なかったのか…?


九尾との綱引き(!)のシーンで、螺旋超多連丸や仙法超大玉螺旋多連丸は、アニメだとすごく分かりやすかった!


最後に…
     いつまでもマタニティ服のクシナがかわいそうだ!(16年間だよッ?!)

スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】父の決断 母の涙~ナルト出生の秘密~感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第466話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

ナルトが影分身の術。ナルト:ランセンタレンダン。ナルトさん、仙人モード。ナルト:超大玉、ラセンタレンダン!九尾:ナルト、わしを怒らせたな、ナルト!ナルト:まだ、これだけ... …
2012-06-14 Thu 20:10 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。