WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  397

アニメ【NARUTO】第459話感想

■第459話「伝説の猪鹿蝶」 2011年12月8日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ・演出/福田きよむ 作画監督/Eum Ik hyun

『まるぼしコスケ』再び登場!

って誰しも思いましたよね?
今を遡る事丁度1年。
過去編 木ノ葉の軌跡 2010年12月9日放送、第410話「ナルトと老兵」で出て来た下忍ひとすじ50年のおじいさん。

NARUTOのアニメ・オリジナル・キャラは数々あれど、この人ほど印象に残ったキャラは珍しい。

でもどんなお話だったか思い出せないので(^^;)、過去の自分の感想を見てみました。

自来也やカカシの父サクモが若い頃一緒に任務をした事があるという老兵・まるぼしコスケは50年間も下忍だった!
その時の任務の隊長は白雲ハヤマという上忍で、人格者だと感想で書いている。
で、結局コスケが50年間も下忍だった理由は、過去に自分が中忍になりたくて仲間を死なせてしまった事があり、それで昇格しない事を決心。実力は上忍クラスなのに下忍のままでいるらしいという事、とも。

今回はさほど緊迫したお話ではなく、第四次忍界大戦を控えての若手いのしかちょう・トリオが主役!と思いきや、その一つ前の世代『いのしかちょう親父Sメインのお話。

   この ウルトラ親父S 大好きでッス!

コスケが若手いのしかちょうに助けられ、そういえば以前その父らにも助けてもらったという過去の話に移る。

シカマルら中忍試験本戦の前日、三代目火影は胸騒ぎがしてコスケを訪ねるんだけれど、その胸騒ぎが的中して木ノ葉崩しとなるんですね。

●中忍試験は各国のパワー・バランスを見る機会…そういえばそうだった。

●娘の部屋へイキナリ入るのは厳禁!
忍としてはカッコイイいのいちさんですが、娘のいのの前では形無し(^^;)。

●アニメ・オリジナルではしょっちゅう岩と音ってザコ敵な気が…砂は格上げ。

●『山中花店』って一体誰が店主なの?
いのいちさん、二足のわらじ?

●親父猪鹿蝶フォーメーションに沸く里の人々。もう英雄扱い。その後、三代目はお亡くなりになるというのに…(涙)

●久々のアスマ登場!

今回の脚本、忍術創案担当の方。
だからシカクの『黒彼岸花』とか、いのいちの『心乱身』とか『心乱演舞』とか、多分原作に出て来なかった新たな術が見られた!
黒彼岸花は上手いネーミングだと思う♪これが炭火焼イガ栗なら笑う(な訳あるか!)。

来たる忍界大戦で、若手いのしかちょうがどんな敵と戦う事になるのか、という問いが切ない。

今回、主役出ていないけれど(^^;)面白かったです♪


ちなみに第410話の感想はコチラ
http://tukiyono.blog37.fc2.com/tb.php/339-d57445ca
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】第460話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】458話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。