WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  395

アニメ【NARUTO】457話感想

■第457話「ああ、憧れの綱手様」2011年11月24日放送
脚本/千葉克彦 絵コンテ/サトウシンジ 演出/石井久志 作画監督/ウクレレ善似郎 秋田学 容洪 石崎裕子

う~ん、ますますもって『船旅メンバー』での雷の国への移動中のアニメ・オリジナル話が、いかに難しいかを思い知らされます。
『船旅メンバー』だけではメンツに変わり映えしないし、変にアニメ・オリジナルでストーリーをいじってしまうと、その後に続く原作話に影響が出そうだし。

綱手がまだ里へ戻って来ていない、テンテンらが下忍だった頃のお話。

サスケ奪還編で、君麻呂を倒した後で我愛羅とリーがどんな感じで木ノ葉の里に迎えられたかとか、テンテンがどういういきさつで忍具を口寄せする様になったかなど、原作を補うストーリーは良かったと思います。

人は結局は自分以外の何者にもなれないのだけれど、伝説の人を“目標”にするのは悪くはないと思う。

自分の目標をイメージしやすいし、具体例があるのはただぼんやりとした目標があるよりも取りかかりやすい。
でもその目標が高い程、己とのギャップにへこたれそうになるときもある。
「自分に出来っこない」とか「才能がなければ勝てっこない」と思う心は、結局自分に負けちゃった状態なんですね。

人がすべて天賦の才に恵まれている訳ではない。

忍術も幻術もダメなリーが忍者としてあるには、体術だけでその二つを補えるだけの力を身につけなければならない訳で、相当の努力を必要とされる。でも才能があっても才能がある者なりに悩みがあるのは以前ネジの話で語られたけれど、今回の話ではまだネジは“ツン”なんですよね[m:47]

あ~、ガイ先生の上に乗せられたネジが見たい!

「断る!」とか速攻で言いそうだけれど(笑)。
ガイの上に乗るネジって、言葉で書くとイメージしにくい。意味深…(^^;)

●ナメクジよりも亀の方が勝るのかどうかは分からないけれど、確かにガイの口寄せの忍亀、これといって特徴がある様にも思えない。活躍のほども分からないし、名前もないじゃん;親密度低そう…

●綱手に憧れるも怪力、医療、そして動物の口寄せのどれもテンテンと共通するところなし。
だからといって酒や博打は未成年だから資格ナシ…ってそれは真似せんでよろしい!しかも綱手は賭け事弱いし。

●あと店の人!巨乳かどうかはいいんだよ(^^;)
●てか、店から摘まみ出された時のテンテンのニャンニャン・ポーズは男性ファンへのサービス以外何ものでもない

という事は!

前回は表向きシノの回だったけれど、蓋を開ければあれはヒナタの回だったでしょう?
だから今回は、多分ヒナタの次に人気のある女の子キャラ・テンテンの話にしたかっただけなんじゃないか、って思ったのは私だけですか。

それでもナルトを外しても、テンポが良くてお子様にウケるのはガイ&リーの師弟話だと思うので、それなりに楽しめましたケド。

次回サイの話が楽しみです!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】458話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】456話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。