WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  385

アニメ【NARUTO】448話感想

■第448話「闘え ロック・リー!」2011年9月8日放送
脚本/彦久保雅彦 絵コンテ/神谷純 演出/岸川寛良 作画監督/ウクレレ善似郎 容洪 石崎裕子

今回のアニメ・オリジナル、とても面白かった!!

やっぱりガイとリーの師弟物語はサイコー!!
どんどんと重く難しい内容になっている【NARUTO】で、こういう肩肘張らなくても見られる話をたまに入れてくれるのは嬉しい。


◆青春ライバル対決
一方的にガイがカカシに申し込む“青春ライバル対決”。
それを、『イチャイチャ・パラダイス』を読む邪魔をされたくない為に、イメトレ中だと言って断るカカシ。
「そんないかがわしいもの」が術の何のイメトレになるんだ!考えたら分かるだろッ、ガイ。
…ガイは純情と見た!

久々にカカシ先生登場!で嬉しい~~

◆『白鶴拳』を見て、何だか学芸会を思い出した。

◆『鷹爪拳』で鷹にさらわれるガイを見て、「先週に引き続き又かよ!」とつっこんでしまった!

◆『虎穴に入らずは虎児を得ず』
なら鷹の巣ではなく、いっそ虎の穴に入れば良かったじゃん。

◆清流で喉を潤すガイとリー
最近は湧水も生で飲むなとうるさいので、お腹を壊さなければいいのに…とは老婆心から(^^;)。

◆もう苦しまぎれ…『水夫の拳』
そんなのがあったのかと訊くリーに「あったのだッ!」と言い切るガイ(^^;)。
その後に
をイメージするものは避けねば」というところに「何それ、ダジャレ!?」と感じたのは私だけ?

◆こんなところに落とし穴、未成年に酒はNGでも粕漬けはOK
粕漬けくらいで酔っ払うか、と侮る事なかれ。
私の母は3歳くらいの時、粕漬けを食べて踊った下戸です。

◆メニューも豊富な『焼き肉Q 』
結局メニューの○印は注文したものですが、焼き肉専門店ではなかったのですね。
それにしても、メニュー表に○印を付けるのはいけません。

◆アスマといいこのガイといい、『焼き肉Q』の経営者には頭が上がらないだろうなぁ。

◆『リーの努力が叶った記念日』って、何の修行だったのでしょう?
    →後から見たら、裏蓮華習得だと話の最初でガイが言っていました;



ガイは体術だけで上忍になり、リーもまた体術のみで忍となった“努力の人”。
一見バカバカしく、ときに滑稽とすら思える二人の修行。
でも二人にはどんな事があっても切れない、他者が入り込めない強い絆があるんです。

『焼き肉Q』が出入り禁止にならないのも、ガイがリーを命を懸けて守る宝だと思っているからだし、そういうガイの気持ちを十分分かっているからこそ、リーもきつい修行に耐えている。ガイを尊敬している。
忍の術の多彩さでは負けても、リーが努力する天才であることは間違いない。

他者を認めること、認めてもらえる事が強い絆となっていく。
他者と絆が築けた人は強いし、幸せだと思う。
そういう絆がある人は他者を思い遣れ、優しくなれるのだと思う。




アニメ・オリジナルはいっそここまでやってくれた方が小気味良い♪
で、次回また船旅に戻るみたいです…
2週間飲まず食わず…って。
人は飲まず食わずだと3日しか持たないそうです。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】449話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】447話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

リーのところにマダラがやってくる。リーが酒を飲んで酔拳使ってマダラと戦う。という夢をみる。ナルトくんのように強くならなければならないと思い修行する。ガイ先生はリーのこと... …
2011-12-10 Sat 16:42 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。