WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  375

【GOSICK】を見終わって

ヨーロッパの聖マルグリッド学園に日本から留学した久城一弥は、図書館塔の最上階で金髪・碧眼の小さなお人形の様な少女・ヴィクトリカと出会う。

ホラーなのか、ミステリーなのか。
まぁどちらも正解なんだろう。

困難だと思われた殺人事件の犯人探しや謎ときを、ヘンな髪型(ヴィクトリカが要求したんだけれど)で異母兄のグレヴィール・ブロワ警部より明快に導き出していく様が、ヴィクトリカのお人形の様な容姿から想像しにくくて、そのミスマッチさも魅力だった。
あと甘い物が大好きなところも。

でも、回が進むにつれ、彼女の推理が単なる暇つぶしではなくなっていく。

本来ヴィクトリカが何の為に存在するのか。
彼女の出自そのものがミステリーとなって来る。

そして戦争が、久城とヴィクトリカを引き離してしまう。
アニメでは最終回で二人は日本で再会するのだが、
ヨーロッパで東洋人が目立った様に、日本ではヴィクトリカは目立つだろうな。

まだまだ異国の情報が少ない時代。

ヴィクトリカと母・コルデリアはヴィクトリカの父・ブロア侯爵に翻弄されたが、傲慢で悪しき野望から解放されるのなら、異国での苦労の方がマシなのかもしれない。
ヴィクトリカと久城、二人一緒ならば。

美しかった長い金髪が一晩で一気に銀髪に変わってしまうくらい、自国からの逃亡は心労を極めたものだったのだと思う。
髪は女の命と例えるのならば、ものすごく大きな代償だったとも受け取れる。

でも、遠い異国の地で新たな人生を送る為なら、その代償も受け入れられるのかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ感想 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】439話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】438話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。