WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  360

アニメ【NARUTO】428話感想

■第428話「親友(とも)として」2011年4月21日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/香川豊 演出/渡部周 作画監督/堀越久美子

ここ数週間、キャラの絵がすごくイイなぁ♪
それからBGMに新曲が出たなぁすみません、既にサンウドトラックⅡに収録済みです。『9.乱髪』という曲名です。



キャラがいい♪といえば、木ノ葉の復興からこっち、サイが更に成長していてイイ感じです。
暗部の根として感情を殺してきたサイが、新生第七班の一員として加わってからというもの、己の感情を徐々に取り戻して自分の考えを伝えられる様になった事が見ていてほっとします。そしてその考えや行動が、他人を思い遣る事に直結しているのが嬉しいところ。
元々暗部なので、分析面において優秀だったのだと思うけれど、今までは自分を押し殺す様にマインド・コントロールされて来たので、その枷が外されれば人道的な判断も加わる訳で、心強い事この上ない。
また、他の同期と違って仲間に加わったのが最近だからこそ、しがらみに囚われずに第三者的な冷静な目で見られるし、今の状況ではそういう人物も必要だと思います。
長い付き合いの同期には言えない事、つまり言い難い事を伝える役目。
その辺りを含めて、直近の第七回の人気投票で並み居るナルトら同期(といっても、彼は純然たる同期ではないのですが)を押しのけて上位に食い込んでいるところに、読者の彼に対する高感度や同調を読む事が出来ます。

今までは任務をまっとうする事を第一に命令されてきた彼は、ときに封印していた本来の自分の感情とで揺れ動き、過去に何度かスパイと疑われた事があったけれど、今回サクラの頼み(サクラが独りでサスケを始末する事を、ナルトには黙っておく事)を蹴ってまでナルトにサクラの事を話したのは、誰の差し金でもましてや裏切りでもなく、サイ自身が友情や絆から良かれと判断したからこそ。

それにしても、ホントにアニメだと分かりやすい

◆屋根の上に積もった雪が、ドサっと落ちて来るところ。
サクラの本心を知ったナルトのショックを、目に見える表現にしたのでしょうね。

◆同じくサクラの本心をサイから聞かされた時の、サイの肩を揺さぶるナルト。
ナルトの激しい揺さぶりが『動』ならば、揺さぶられるがままのサイは『静』。

◆友としてどうあるべきか諭す我愛羅の手を振り払うナルトの拒絶。
ナルトの割り切れない気持ちを表している。


場面は変わり、木ノ葉へ戻るダンゾウを待ち構えていたマダラ。
心転身と感知能力の山中一族のフー。
蟲の秘伝忍術を使う油女一族のトルネ。へぇ、トルネの父親は『シクロ』っていう名前なのね。

◆フーの能力は前回ので、トルネの能力は今回ですごく分かりやすい。

◆そしてマダラが実体化しているときと形骸化している時の術のかわし具合。

◆発動!【NARUTO】版“どこでもドア(笑)を分かりやすくアニメ化してみよう~~~!
  
  入 ~ フーとトルネ
  出 ~ サスケと香燐とマダラ自身


原作二話がアニメで一本。
コミックス巻ノ五十一まで来ていますよ!!! ストックは大丈夫なんでしょうか…?


次回 イタチ兄さん登場みたいでヒャッホウ
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】429話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】427話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。