WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  36

アニメ【CLUSTER EDGE】感想

■第18話「翼のもとに」2006年2月7日放送
脚本/山田かおり 絵コンテ/西澤晋 演出/吉村章 作画監督/米谷浩平 池田有

先週ラスト、「クラスターEAに何の用があるのよ、アゲート」で終わったのですが(今回はまだその目的は分りません)、と・り・あ・え・ず、
アゲート、ベリル、フォン、クロムがいつ勢揃いするのかとずっと待っていたので、

幸せ一杯です~~~♪

※敵の裏をかけ!

戦時下だというのに「いいもン食ってンじゃねぇの、クラスターEAの生徒達」と、実物を見ると胸クソ(失礼)悪いのでさっさとスルーさせちゃう軍の警備。「まともな奴なら足のつく所には寄り付かない」って、アゲートは“まともな奴じゃない”って事?(笑)。
つうかアゲートの方が一枚上手なのよねvv
クラスターへ帰るにあたり心配するクロムに「大丈夫!」というアゲートの自信は何から来るのでしょ?

クラスターEAがグリアン軍に監視され、不穏な雰囲気が学園全体へ広がります。
いかなる抑圧にも屈しない、というか政治や軍事が学園にまで及ぶ事に良く思っていないOBも多く存在するみたいです。
生徒会長に成り立てだった頃のベリルは、生徒会のやる気の無さに失望し、クラスターから飛び出して自力で社会を何とか変えたいと思っていたようでした。しかし軍の学園への監視や治安の悪さに対するOBの不満を上手く利用し、彼は学園に在籍し続け、今迄嫌っていたジャスパー一族をも『正しく思う事を話して行く為に』利用する事に決めたようです。


※「いかなる外圧にも屈する事なく、伝統・栄誉・自由の精神を守るために」
これは生徒会長としてだけではなく、本来の目的であるベリルの母の名誉挽回・汚名返上の為でもあるのです。


※エマ「キミ(べリル)は変わったね」
 ベリル「あなたは変わらないのですか?」
ベリルにとって、人道的な立場から、また社会的通念からも自分を助けてくれたアゲートを保護するのは当然の事でしたが、寄付の件を持ち出してまで学園長を説得させたのは彼の計算づくであり、伝統の歴史に汚点を残すかもしれないという半ば脅しをかけてでもアゲートとクロムを守りたいという毅然とした態度がエマを結果的に動かしたのです(巻き込まれた、とエマは言っていましたが 笑)。

以前は学園を出る気配がしたベリルが学園に残った・・・これで辻褄合いましたね(笑)。

カールスの意志を継いだクロムとアゲートを守る事が、カールス亡き今、エマにとってできるせめてもの償いなのかもしれません。
アゲートがベリルとエマを助けた事実を無視されている事に納得いかないフォンの必死さが伝わって来て見ている私もつい応援したくなってしまった!(実はフォンもアゲートに助けられているのですけれど ^^;)。

親友カールスに何もしてやれなかった事が心残りなエマですが、教師となった今は自分の置かれた立場と理不尽さに不甲斐なさを感じながらも「自ら」動く事ができませんでした。しかしアゲートとクロムの責任を一身に引き受けようとするベリルの強い意志とフォンの純粋でひたむきな心に動かされたのです。それでこそ青春よ!


※「人造兵も人間と変わらない」
感情も、そしてその体に流れる熱き血潮も。
生まれて初めて剣を戦闘以外に使ったクロムは、学園で№1と言っても過言ではない達人ベリルとフェンシングの練習をします。二人とも互角と言っていい白熱する展開を繰り広げます。そしてベリルの剣の先端が折れ、フォンに直撃する寸ででクロムが庇い、その矛先がクロムの頬を掠ります。
クロムに会った当初、人造兵だと驚いていたフォンですが、きっと彼もクロムは人間と変わらないと感じた事でしょう(強く感じていたのはベリルの方でしたが)。

その夜、ベリルはクロムがうなされているのを目の当たりにし、植え付けられたとはいえ人としての記憶を持つクロムの苦悩を知り、亡き母の考えに思いを馳せます。
翌朝、うなされ取り乱した姿を恥じるクロムが物騒にも剣をベリルに突きつけます。こういう風でしか口止めする術を知らないクロムがかえって微笑ましく感じたほど。「昨夜の事なら忘れた」というベリル。彼なりの優しさなのよねvv

カールスの飛行機の記憶を共有するアゲートとクロム。カールスの死後(でもまだ生存の可能性はあります)出会った二人。とても不思議な因縁を感じます。
アゲートが行方不明の間、フォンが直し続けていた飛行機の最後の仕上げをするアゲート。
そして軍への挑戦とも取れる飛行機レースへの敢行。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
久々に胸が躍りました♪
ただ次回又ロードが登場するようですので、油断はなりません。
今回束の間の平和という描写の様で、彼らが不幸になる様な結末にならない事を願うばかりです。
スポンサーサイト
別窓 | CLUSTER EDGE | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【よみがえる空】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

No.54 クラスターエッジ 第18話
「翼のもとに」ベリル様、麗しい!!クロム、可愛いvv今回も総集編じゃありませんでした!!これもアゲートの奇跡ですかね?なにはともあれ、めでたいことです。アゲー …
2006-02-09 Thu 00:10 ラブアニメ。
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。