WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  353

アニメ【NARUTO】424話感想

4■第424話「五影の実力(ちから)」2011年3月24日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ/山下宏幸 演出/西田健一 作画監督/山下宏幸

アニメだと分かりやすい!!!
特に水影の溶遁とか、土影の土遁とか、ゼツの胞子の術とか。

それにしても、雷影や水影の術の色が鮮やかなのに対して、土影の術は地味だなぁなんて思ったり。
でもその色彩的に地味な土影の塵遁・原界剥離の術は一瞬で体を分子レベルに出来るスゴイ術なんですね。マダラがいなければサスケは分子になっちゃったって事に(^^;)。

◆「やっぱりよく見るといい男ね、うちはの一族って」
以前にも照美メイはうちは一族の誰かと戦った事があるのね。
そのうちはは美型だったって事ですね。


◆なんだがサスケが不便でね…
土影も水影も、サスケ個人な恨みはないけれど、生かす訳にはいかないからなき者にすると言う訳ですよ。
一方サスケは怨恨の的を木ノ葉上層部だとしている(後に木ノ葉全体だと言うのだけれど)。

イタチ自身が望んでいたとはいえ、実際にイタチの息の根を止めたのはサスケで、『イタチの真実』を知らなければ、そこでサスケの復讐劇は終了した筈だったのに。
終わらない悲しみや怒りが更なる復讐心を生んで、サスケの行動は破滅に結びつきつつある。

八尾捕獲の際、鷹のメンバーの救出には仲間への思い遣りが見られたけれど、今はもうダンゾウへの復讐で他の事は一切見えていない。

かつて我愛羅がナルトに救われた様に、同じ心の闇を抱えたサスケも光明(ナルト)に手を伸ばせば救われる筈だと説得したけれど、今のサスケに必要なのは『救い』ではなく『復讐』なのですね。
復讐だけが今の彼の存在理由だとしたら何と悲しい事か。
そしてその復讐を、マダラが己の野望に利用しようとしている事も。

たとえマダラに利用されていると知っても、サスケは復讐が叶うのならそれでいいと思うくらいに、サスケは復讐に取りつかれている。

サイ曰く、サクラのナルトにサスケを助けて欲しいと言ったのが、まるで呪印の様だとするのならば、サスケにとっても復讐は呪印の様です。
もうとっくに、イタチがサスケに付いた大蛇丸の呪印を解いてやったにもかかわらず…

物理的に働く呪印がなくなっても、この精神的に作用する呪印はいつまでサスケを縛り続けるのだろう…

スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】425話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】423話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

海のそこで、ハッチが復活。サスケに倒されそうになったところで、足を落として死んだフリしてた。ハッチは、これで自由だと思う。サスケは今までやったなかでも一番強かったという... …
2011-08-07 Sun 15:21 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。