WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  342

アニメ【NARUTO】413話感想

過去編 木ノ葉の軌跡
■413話「二度死んだ男」2011年1月6日放送
脚本/吉田伸 絵コンテ/三田茂 演出・作画監督/田中ちゆき 作画監督/徳田夢之介

久し振りのシホの登場で、シカマルのヘテロ・ファンは火花バチバチだろうか。
シカマル×テマリか、それともシカマル×シホか。
…ま、いっか。


カブト、というか大蛇丸が送り込んだスパイのサビルが『魂身別離』の術により『二度死んだ男』奇介の肉体と精神とを分離。
二度死んだというよりも記憶を消されて『植物状態にした』って事で、実際は二度も死んではいないんですよね(^^;)二度死ぬなんてありえないし。

●セットで又出たァァ~~~『イズモ&コテツ

●魂身別離の術を喰らうと口からエクトプラズムが出る!

●弱すぎるサビル!
優秀な忍なのに呆気なく多重影分身にやられてしまうとは!?(ああ、優秀なのは頭脳だけって事か)

●しかも、最期にはカブトの『吹き矢(毒入り)』にやられて殺されるなんて;


中忍試験の死の森の中継でVTRを使っていたり、今回の様に生命維持装置があったりするのに里の人は天秤棒担いでいたりするんですよね(^^;)。

忍って純和風なイメージなのに主人公は金髪碧眼だしで、独特のNARUTOワールドだったりするのですが、どうもチューリップといういかにも洋風の花と日本髪で着物姿の女性とがミス・マッチだっりして…


今回のお話、ラスト近くでカブトが出て来なければ、殆ど以前のアニメ・オリジナルと同じ様に原作から独立した話になってしまうところ。
チューリップを探しに行く途中で雨に降られたところから、時間は木ノ葉崩し直前に戻りります。
大蛇丸はサビルに里の警備の実権を握らせ防衛網を張らせ、万全と思わせて隙をついて攻め入る計画だったんでしょうね。
そこが原作とリンクしている部分だったんですね。
ちょっとだけでも原作とリンクさせようとする工夫は感じられました。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<劇場版【BLEACH】地獄篇 感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】412話感想(追記あり)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

ナルトがシカマルのところにいく。写真の選別をしてた。そして、ナルトが写真を一枚もらってでていく。チューリップはないかきく。永遠の愛なんですよとクルクルメガネ女子にいわれ... …
2011-06-05 Sun 05:12 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。