WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  326

アニメ【NARUTO】399話感想

過去編 木ノ葉の軌跡
■399話「担当上忍 はたけカカシ」2010年9月30日放送
脚本/武上純希 絵コンテ/菅井嘉浩 演出/木村寛 作画監督/吉沼裕美 総作画監督/金塚泰彦

いつ昏睡状態から覚めるか分からない綱手に代わり、早くも次の火影を選出しなくてはならないとは。
ペインとの決着が着いた途端、上忍班長としてシカクが呼ばれたのは、六代目火影を決める会議に出席する為だった訳です。

●大名様へ
 頂点に立つ者、もっと堂々としていなくてはなりません!
権限は大名にあるんだし。

●上座に大名、向かって左がその臣下、そして右側に里の上層部が着席。
偉い順に ホムラ→コハル→ダンゾウ→暗部→上忍班長 という事なんですかね?

●どうも大名は自来也贔屓だったらしい(自来也は豪傑だったので、気弱そうな大名は自来也に自分にない物を感じ取っていたかも)。

●一見民主主義に見える火影選出。でもここぞとばかりに自分に有利になる様に説得するダンゾウ。
自分を「希代の火影」と言っちゃってるし(ーー;)

●そんでもって、そこで折れるなヨー、大名!!!

以降、原作やアニメでもあったナルト達のアカデミー時代の物語を、カカシ視点で描いたもの。

イルカ先生からバトンタッチ、今度のナルト達の担当はカカシ先生。
この作品を今まで見たり読んだりしてきた人なら、今回の399話、ちょっとした疑問点と裏付けを感じたと思います。

●アカデミー卒業生27名の中にあの底意地の悪い『ヒバチ』と『ウナギ』は居なかったような?(ザマーミロ!)

●スリーマンセルならば、27人卒業だと『9班』な筈なのに、アスマ(久し振り~~~ 涙)は『第十班』の担当上忍なんですよね。ガイ班って確かナルト達と同期じゃないから、彼らを含めて10班なのかな?

●カカシ班、アスマ班、紅班以外のナルトの同期は今何をやっているんでしょう…???

●世襲なのか、『いの、シカ、チョウ』???

以前、アスマとシカマルが将棋を差しているシーンが何度かあったのですが、アスマはシカクと打っていた事もあったのですね。

将棋の駒なら自分は『歩』だというシカクは、『銀将』をアスマ、『桂馬』をシカマルに見立てています。
以前、アスマとシカマルが対局した際、アスマは『王将』とは誰を指すのか、とシカマルに問うた事がありました。答えは『明日を担う木ノ葉の子ども達』=『火の意志』ですが、シカクと対局しているこの時は、アスマの答えがはっきりとしていません。初めは大名や火影だけだと考えていたけれども、どうもそれだけではないと感じ始めていた、という描写になっています。

興味深いのが、第七班のメンバーにナルトとサスケを一緒にさせた事。
ホムラとコハルは用心深いので、二人を同じ班にすることも、ナルトを外へ出す事も反対です。
周囲の反応は、今まで合格を出した事がないカカシを第七班の担当にした事で彼らを潰すつもりだと受け止めています。
このスリーマンセルに納得したのはサクラだけです(笑 と言ってもサスケと同じ班という半分だけの納得)。
ダンゾウは三代目がゆくゆくはうちはに九尾を操らせようと考えている、と受け取った様ですがダンゾウらしい捉え方ですね
私は、三代目は穏健派なので、四代目(千手側)の息子であるナルトと、うちはの末裔のサスケが平和的に手を結んで欲しいという願いが込められていたのではないかと思います。

そこで疑問点が。
ナルトとサスケが同じ班なのは、イルカの言う様に、成績のトップと最下位を一緒にしてバランスを取ったからだけなのか?
人事は火影が決定するんじゃないの?(そうだよね?)

●何度も見た、ナルトとサスケのファースト・キス!
(アニメでは割愛されちゃったけれど、『おいろけ 男の子どうしの術』にせよ、ナルサス初のチュウにせよ、これでも岸本センセは同人女嫌いなんですか?

三代目は思うところあって二人の担当をカカシにしたと思いますが(だから、人事は火影が決定権を持っているンだって)、カカシが目が利くというのは納得ですが、『四代目の弟子で写輪眼を持っているから』ってのはどうなんだろう。
四代目とナルトが親子だと、当時知っていたのはごく少数だと思うので…(これも疑問のひとつ)。

任された以上は同情などしないで審査するとカカシは言っているんですが、彼の審査基準は『チームワーク』なんですね。
オビトの死がきっかけになっていた訳です。

●まだ顔合わせする前からストーカー 観察していたカカシ先生!?
『忍道』の掛け軸には覗き穴があったんですね(^^;)。

●ナルト、グダグダだった変化の術も卒業する頃にはおいろけの術が出来る程の完成ぶり!(そういえば卒業試験に変化の術、あったよね)
でもサスケには通用しないの!
(てか、カカシ先生、イチャイチャシリーズの愛読者なのに、実体には興味ないのかね?

あ、イルカ先生一筋か!

ナルトのサスケコスに萌えたのだぁれ?


サスケに気に入られる事しか興味のないサクラ。
サクラを好きなナルト。
他人には興味を示さないサスケ。
それでも、「親が居ないからナルトはなっていない」というサクラの発言に反応したサスケ。
この時三人を一番分かっていたのはカカシだったって事。
サクラはナルトに対して言ったのですが、サスケは自分の境遇も重ね、無神経な事を言うサクラに怒りを感じたのです。
でもサスケの思い遣りが分かっていないのはナルトでした。
折角築いた『絆』を断ち切ったサスケの始末をするのは自分だとカカシは考えている様ですが…
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:3 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】400話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】398話感想>>

この記事のコメント

No.108 鵜野様へ
読んで下さりありがとうございます。
ヒバチやウナギがもし今でもナルトをハブっていたりしたら、彼らは里の皆から総スカンを喰らうでしょうね。
でもナルトは大物で心が広いから、以前冷たい仕打ちをした人達も許してしまうんです。だって里の長・火影を目指しているんですから(^_-)-☆
シカマルやチョウジは常識人の親の教育の影響もあって、ヒバチ達には関わらなかったみたいですね。
鵜野さんはナルトがお好きなんでしょうね。
サクラの両親は健在で、平凡そうな家庭環境みたいですね。だから彼女にはナルトやサスケが傷付く事が分からなかったんでしょうね。でもきっと今ではサクラもナルトの良さが分かっている筈です。ならばもう少し優しく接してあげてもいいのに…と思う私です。

2010-10-08 Fri 20:32 | URL | 月夜乃光 #YAj0RVgU[ 内容変更]
No.109
「親に怒られて悲しいってレベルじゃねえぞ」
にはつい笑ってしまいました
サクラちゃ~ん、無神経☆
…でも…まだ子どもなんだもん、ね?
2010-10-09 Sat 00:36 | URL | AKARU #64owOXpE[ 内容変更]
No.110 AKARU様へ
>サクラちゃ~ん、無神経☆
>…でも…まだ子どもなんだもん、ね?

サスケに「親に怒られて悲しいってレベルじゃねえぞ」
って言われても ??? だったでしょうね。
2010-10-09 Sat 07:12 | URL | 月夜乃光 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

火の国で会議がおこなわれる。ダンゾウが、あらたな火影を誰にするかだという。ツンデさまは、力を使い果たし昏睡状態だった。ダンゾウが俺がやるよといおうとすると、シカマル父が... …
2011-01-24 Mon 03:04 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。