WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  32

アニメ【よみがえる空】感想

第4話「大切な人」2006年1月29日放送

硬派なきちんとしたストーリーなので「何故深夜?」思っていましたが、今回はラブロマンスでしたね。

3話までの感触から行くと一宏の、配属された部署での成長ストーリーかな、と思っていたので、めぐみとの関係はさらりとやっていただいたいものです。

にしても、
自分の希望通りにいかない(希望通りに行く人の方が稀)、自己嫌悪で腐った一宏に救いの手はあった、って展開はやはりお話ならではの良さです。

めぐみは一宏の後輩ですが、
彼女の方が精神年齢が上だと思いました。
めぐみは自分が編集を希望していたのに、新人はまず営業から、という希望していなかった配属にも彼女なりに頑張っていたのです。
業種が違うし、一概に比べることはできませんが、与えられた仕事に対する向き合い方が全然違う。
めぐみは書肆勤務なので、回想でサンデグジュペリが出て来たり、『ライ麦畑でつかまえて』を引用に出すくらい読書家なのでしょう。
様々な本と出会って彼女なりの考え方を構築していき、持って生まれた性格もあるかもしれませんが柔軟性があります。それに比べると一宏はとらわれていてコチコチです。

私を抱いたら、以前の一宏に戻るのだろうか?

とはめぐみのセリフですが、
ボディーランゲージはカップルの切り札ですよ!!!
今の彼らの一番の不安要素は「仕事」であって、「彼ら自身の関係」ではないから今回は上手くいった。
不安な時、落ち込んだ時、自分の存在を認め励ましてくれる人を求めがち。
若い一宏にとってはそれは家族以外のめぐみが大きな存在なのだ。

一宏に別れ際、半ば押し付ける(笑)様に手渡した携帯。
勿論それは携帯を持つ事を嫌がった一宏を知り尽くしてのめぐみの行動だったのだが、
「離れていても繋がっている」
と感じさせるいわば精神安定剤とでもいえよう。

にしても口止めをお願いしていたのに白拍子さんのバカァ>by一宏@心の叫び(笑)。
でもからかわれながらも一宏も隊の一員として認められたって事ですね。
これは「おえん」じゃなかったよね(笑)。
スポンサーサイト
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【CLUSTER EDGE】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。