WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  319

アニメ【NARUTO】393話感想

■393話「ペイン誕生」2010年8月12日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ・演出/熊谷雅晃 作画監督/河合滋樹

命懸けでやっと三忍を見つけ出したものの、大蛇丸の言葉が突き刺さります。
「殺す?この子達」
戦争孤児の惨状を目の当たりにしてきた大蛇丸だからこその本音なんでしょうが…

長門の家に侵入したのが三忍だったら一般人と忍を間違えたりしなかっただろう、なんて考えてみる。
長門の両親を殺し、痛みを負わせたのが木ノ葉の忍なら、彼に痛みを乗り越える術を与えたのも木ノ葉の忍(自来也)。
生かすのならば、生き地獄をさまようだけの、力を持たない子どもで終わらぬ様にしてやりたい。
その為に忍術を教え自立させる事が、戦争で犠牲となった長門らへのせめてもの罪滅ぼしだと自来也は考たのでしょう。
正しい方向へ導く自来也の教えは里を問いません。
いつの間にか長門は自来也を認め、心に変化が訪れました。
また、自来也の方も弥彦ら三人に修行をつけていく内に、六道仙人と同じ輪廻眼を持つ長門に仙人の生まれ変わりを感じたのです。

仙人の説く忍宗は時を経て忍術と呼ばれるようになったが、元々忍術は武力ではなく人々を平和に導く為の教えだった。
それを踏襲して自来也が彼らから去った後には、極力武力に頼らない平和を構築しようという考えの下、多くの賛同者が集まって弥彦をリーダーとした組織が結成された。
まだ出来たばかりでも勢いのある彼らの存在を里長の半蔵は無視できなくなった。そこで協定を結ぶ事になったけれど、それは罠だったいう悲劇。
自分を脅かす存在を排除する、というのが半蔵の本心だった。
その為に敵国であるダンゾウすら味方につけるという手段は、驚きをもって長門らの純真な心を十二分に蹂躙したのでしょう。

両親の死で心の痛みを知り、独りになった長門を救った弥彦と小南を守る事が長門の『答え』。
人を傷付けたり殺しは嫌だけれど、二人を守る為ならば長門の行動は正当化される、という事でしょうか。
弥彦の希望を叶える事が、『長門の希望』だった。
しかし簡単に半蔵を信じてしまった事で小南は捕えられ、解放するには弥彦を殺せという無理な二者択一を長門は迫られます。
その難題に長門は喘ぎ、逡巡します。
でも弥彦の決断は早かった。
長門の握ったクナイの切っ先へ向かって死んだのです。長門と小南を救う為に。

希望である弥彦が死んだ。

修行をつけて強くなったと思っていたのに、長門の死によって無残に打ち砕かれた瞬間でした。
長門は弥彦を守れなかった。
自分をクソ以下と評価して、悲しみと怒りを露わにする長門は凄まじいまでの力を発揮して半蔵へ攻撃を開始します。
結局半蔵を追い詰めたのに瞬身の術で逃げられてしまい、この時には決着はつかなかったのですが。

最初から弥彦らを殺すつもりだった半蔵。
半蔵にとっての危険分子は、芽がまだ若い内から摘んでしまおうという考えからして、里長なのに反感を持つものが少なくなかったいう以前のエピソードが思い浮かびます。

弥彦の死、里長から殺されかけて、額当てに抜け忍の印を刻む長門に、区切りと決心が感じられました。

二つ目の、長門の大きな痛みの話でした。



●出だしの泡にも見える雨粒を見て、「あれ、ウタカタの章、続いていたっけ?」(違)

●「これお礼よ」と、小南が差し出した紙の花、アニメでは端折られていてよく分からない(^^;)。

●外道魔像から飛び出したのは猛毒は出ない『ヒドラ』だったんだ!(嘘)>ワンピのマゼランかいッ!?

●外道魔像に突き刺されると、一気に痩せるらしい。ウルトラ・ダイエットか?!



♪今回の『おまけコーナー』♪
いのの父いのいち、シカマルの父シカク、チョウジの父チョウザのスリー・アミーゴズ(笑)。
このスリー・マンセルは代々受け継がれていくんですかね?
フォーメーション「いのしかチョウ」を決める親父ーズ。
「決まったな」
ポーズを決めた後、再びゆっくりと腰を下ろす彼ら(笑)。
しかし、親子して影が薄いシビとシノがお気の毒。

「仲間を忘れるなんて、老化の始まりだぞ」    ←に笑った!!!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】394話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】392話感想>>

この記事のコメント

No.100
毎回記事を拝見しています(^-^)
最初から
読んでいたりもします(/-\*)

いつも丁寧な記事で、
アニメNARUTOファンとして
尊敬してます!
なんと言えばよいのか、
ありがとうございます(*^-^*)


今回のお話、
弥彦が自ら犠牲になるところのシーンが
切なすぎて
涙がこぼれてしまいました(ρ_;)


これからもNARUTO記事
楽しみにしています(*^o^*)
2010-08-20 Fri 06:45 | URL | nin #7ozVZe.w[ 内容変更]
ninさま
長門の痛み、本当に切ないですよね…

記事、読んで下さっているそうで…って、え、最初から!?
このblogだけでも5年になってしまいましたが、これからも出来る限り続けて行こうと思っています。
こちらこそありがとうございます<m(__)m>
何よりの励みです(^^)

今後もアニメも応援して行きたいですvv
2010-08-21 Sat 08:15 | URL | 月夜乃光 #-[ 内容変更]
∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

伝説の三忍とハンゾウが戦う。そして、ナガトたちは、ジライヤの弟子になりにいく。しかし、ナガトはコノハのシノビを受け入れられなかった。殺すこのこたちと、オロチマルさんがい... …
2010-12-21 Tue 20:09 ぺろぺろキャンディー
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。