WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  309

アニメ【NARUTO】383話感想

兄さん大活躍のDVD『師の予言と復讐の章6』買いました!

密林で買えば自宅に居ながら定価より安く手に入るというのに、初回特典欲しさにまず来店予約、定価通りビタ一文も負けない強気商法、入荷後1週間以内に「取りに来いやー」という呼び出しにも負けず、すべては兄さんの初回特典欲しさに行って来た(ラブ 兄さん~~~>最早末期)
でね、
天下のアニメオタクご用達の兄命斗なくせに、「こちら委託予約になります」って言うのよ。
作品はこれまた天下の週刊ジャンプ作品の【NARUTO】だよ!?
でもまぁ予定より1日早く手に入ったから結果オーライだけどさ。

そうそう、もうすぐ兄さんのお誕生日ですわね!

****************************************************************
■383話「爆発!仙人モード」2010年6月3日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/木下ゆうき 演出助手/すがやゆりこ 作画監督/山口杏奈 総作画監督/徳田夢之介

かつて、ここまで主役のナルトがカッコよく描かれた事ってありましたかッ!?(惚れてまうやろ~~~!という声が聞こえてきそうですvv)

ペインの襲撃に為す術もなく蹂躙され尽くされた木ノ葉の里。
サクラのナルトを呼ぶ声は、希望への叫び。てか、もう苦しいときのナルト頼みになっちゃってるし (^^;)少しは異性として惚れたらどうなんだ、サクラ。

●驚異的な破壊力の天道の神羅天征。でも、カツユの体内に居れば平気、なの♪

●倒れてもまだ里の皆を案ずる心優しきイルカ先生。てか、あなたの旦那様が大変な事になっているんですけれど!?

●ガマブン太、ガマケン、ガマヒロの大蛙、揃うと圧巻。で、ヒロって誰?単に広島?

●ヒナタの元に駆け付けたコウ、サクラに解説する日向の忍。日向は結構多いね。

●コミュの女性キャラ人気№1にヒナタってのはよく分かる!優しくて可愛いくて、控えめなのに、一途な強さも持っているから。

●里を壊滅させた猛威に片足折れた位で済んで良かったという奈良シカク。物は考えよう。
いのシカチョウの三親父S、それぞれカッコイイおやじだな!チョイ悪は無くて良し。

●口寄せ閻魔大王は、壊れた機械の修復もできるんですね、ビックリだ。

●基本的な(?)疑問。
そもそもペインは死体なのに、何故腐らないんですか(^^;)。
口寄せに血も使わないから、体液も無いんですか。

●あれだけフカサクとのデュエットを嫌がっていたシマですが、ペイン六道相手では恥ずかしいなどと悠長な事は言ってはいられない。


妙木山での仙人モードの修行はナルトを一回りも二回りも大きく成長させた様です。
その証拠に、折角修復された(笑)修羅道が一発で撃破(この雄姿を白眼で見ていた日向が里の皆に中継できればいいのにぃ~~~)。

口寄せの犀もジャイアント・スイングでぶっ飛ばすわ、
忍術が効かない餓鬼道には蛙組み手でぶっ飛ばすわ、
今まで里がやられる一方だったので、爽快感この上無し!!!
それに螺旋丸も惜しみなく出してくれて見せどころアリアリです!

風遁螺旋手裏剣は、今まで至近距離が0だった為、ダメージが術者であるナルトまで及んだので禁止されたのですが、改良版螺旋手裏剣は破壊力を保ったまま飛んで行くのでナルトにはダメージが無い、って訳なんですね。
フカサクとの修行の後、一人でこっそりとやっていたのはこれだったって事です。

こんなに強いのに、ナルトは木ノ葉丸と同じ

                  下 忍 !
                        なんだヨ~~~~orz

(いやいや。木ノ葉丸も今や螺旋丸が使えるまでに成長。
ナルトの後ろ姿を見て自来也や四代目の背中が見えたって言っているんだから、もう無試験で火影候補にしてやれよ)


かつて自分も自来也の弟子で、ナルトとは兄弟子、弟弟子の関係だと言う天道。
自来也は平和を望んでいて、弟子同士であるペインとナルトは理解しあえる筈だと言うけれど、その意味するところは、ナルトの中の九尾を引き剥がしナルトは死ぬ。それが「お前の死」であり、「平和へ繋がる」とは、マダラの月の眼計画(平和、森)の為には、一 人柱力(木)の犠牲は当然である、と言いたいのでしょうね。また木ノ葉は大国なので、小国の犠牲あっての平和だという事が木ノ葉は分かっていないと言いたいのでしょう。

まっとうな考えであればペインの言い分などとんでもない事なのですが、今後の展開の後、ペインの言い分にも触れたいです。


◇お待ちかね(?)不定期おまけコーナー◇

まだ下忍だった頃のナルトらのやりとりが可笑しい。
あの頃は落ちこぼれとか、サスケにはドベとか言われていたのに、こんなにナルト成長するなんて(涙)。
脚本は伊達カントク!でした(^_-)-☆
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】384話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】382話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。