WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  298

アニメ【NARUTO】372、373話感想

「ナルトの涙!再起の誓い」スペシャル 2010年3月25日放送
■372話「悲報」
脚本/宮田由佳 絵コンテ/にいどめとしや 演出/堀内直樹
■373話「師の影を追って」
脚本/宮田由佳 絵コンテ・演出/熊谷雅晃 

作画監督/青鉢芳信 徳田夢之介 河合滋樹 田中ちゆき 金塚泰彦


これで本編に戻り、363話の続きになりました。
アニメ・オリジナル・ストーリーである六尾の章を入れた為、八尾の捕獲が原作と前後したのですが、アニメだけ見ていればさほど気になる構成じゃありません。
それよりもバンクの使い回しの方が気になりますが、六尾の章を入れた為にその前の話が少し記憶から薄れてしまったので仕方ないのかな、とは思いますが、スペシャルの為2話連続で見られる地域の視聴者にはちょっと…という使われ方でした(特に373話の冒頭部は372話と重複)。

前回までの話(師匠と弟子の絆の話)を単なる時間稼ぎにはせず、原作に戻ってナルトが自来也を失った悲しみに繋げるのには関連性があってよかったと思います。

私はどうしても自己犠牲の描写に重点を置いて見てしまうのですが、今回テレビ東京のNARUTO公式サイトのストーリーにあったところを一部引用して気になった所を抜き出しました。

>既に死んだとされるイタチが何を言いたかったのか(公式より)

原作でもまだ明かされていない、ナルトに授けたイタチの力。
写輪眼にまつわる瞳力は同族間でないと発動しないのですが(でもカカシの神威の開眼が謎!!!)、修行という形を取らないで能力を第三者に分け与える事ができるのは、授ける者がイタチだからなのか、それともNARUTOの世界ではよくある事なのか…謎です。

>木ノ葉に向かうと宣言するサスケの背に、トビはサスケと交わしたある会話を思い出していた(公式より)

トビじゃねーよ、マダラだろ!?(この時はチキンなトビじゃねぇ)

や、ツッコミはさておき。
イタチの自己犠牲を知ったサスケが、イタチの遺志を継いで里へつくか、暁へつくかは賭だったとマダラは言っていますが、真実をサスケに伝えれば、サスケはまだ純粋なので十中八九は暁につくと踏んでいた筈。
イタチはサスケには表の道を歩んで欲しいから、汚い部分の一切を引き受け死んでいったのに。
しかし、マダラがサスケの能力欲しさにイタチの真実を伝えて引き入れてしまった。心の闇の部分を上手く利用して引き入れるマダラの作戦。
さすがだてに長生きしている訳ではありません(^^;)。


●一瞬ですが、ウタカタが出て来たのはアニメと原作を繋げる為にもナイスな演出(ですが、ウタカタファンの胸中は複雑でしょうね)

●自来也が命を落としたのは綱手が無理をさせたからだと非難するナルト。
悲しいのは分かります。
でも、里長という立場上、仕方がなかった。
ナルトの様に形振り構わず悲しみをおおっぴらにぶちまけられない綱手の心中、お察しします。大人はツライんだよ!!!

●出番が少ないながらもここぞ!という時に美味しい場面で登場するイルカ先生。
人気の程が分かります。

●妊娠してお腹が大きいのと太って出バラになったのとを間違えるか?フツー。

●呆然自失のナルトに喝を入れたシカマルは漢だ!
やっぱり頭のいい奴の説得力は違う。



サスケと対峙する前にナルトと最後の話をしたイタチ。
抜け忍のサスケにどうしてこだわるのかナルトに問うと、
「少なくともお前なんかよりアイツの事を兄弟だと思っているからだ!!」
との答え。
これはキツい…

それでも、イタチは口の端だけですが笑みを零し、万が一に備えナルトに力を授けたのですね。
サスケに授けた天照はサスケに掛けた保険だった訳ですが、ナルトに授けた力もまたイタチが掛けた保険。

サスケの命を守る為、二重に保険を掛けた所が流石です。ま、マダラを信用していなかったし。
ナルトは、イタチが自分を狙っていた筈なのに戦わずに力を授けて消えてしまった事が腑に落ちない様ですが、イタチの真実が分かれば納得行くんです。
でもって、
サスケが里を攻撃したらどうするか、というイタチの問いに里もサスケも守るとナルトは即答。
それに対して、イタチは子どもだと言います。
忍は時に厳しい選択を迫られることだってあると。

これってそのまんま、イタチ自身の事じゃないですか!!!!!!

でも己の忍道は曲げないときっぱりと言い切ったナルトに一縷の希望を見出して、微笑を浮かべるイタチ。
自分の命と引き換えにサスケに力を授けた後は、ナルトに託すという事なんでしょうね。

自来也の訃報にショックを隠せないナルト。
人格者の自来也が亡くなったのだから、ナルトの喪失感を丁寧に描く事で辛さが伝わって来るのですが、
サスケの経験した一族惨殺だって相当のものだし、
自分の意志ではなく、任務として一族の殲滅を言い渡されたイタチの辛さも相当だった筈。
ナルトは主役だからスポットを当てて描写されていたけれど、ナルトの喪失感を見ながらサスケやイタチの苦しみが透けて見える、そんな回でした。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】374、375話 疾風伝スペシャル | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】371話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。