WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  281

アニメ【NARUTO】360話感想

■360話「因縁」2009年12月17日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/三田通 演出/山岡実 作画監督/容洪 作画監督/徳田夢之介
(今回も作画監督のクレジットが独立して二人。でもって絵コンテも演出もお初な気が…)

マダラから明かされるイタチの真実。

イタチからも一族惨殺のあの夜の協力者がマダラだと聞かされ、マダラがどういう人物なのか知らされていたサスケは、イタチの言った事が正しいのか、マダラの言う事が正しいのか混乱してしまっているのは過呼吸でも明らか。

イタチの話が真実なのか、
マダラの話が真実なのか、
それとも二人とも嘘を吐いているのか。

読者や視聴者にも木ノ葉創立時代の出来事は衝撃だった筈だ。

今まで火影が誰になったかなんて単なる系譜に過ぎなかったのに、ここへ来て木ノ葉の興りにまで及ぶとは。

木ノ葉隠れの里長は初代が千手一族の兄柱間、二代目がその弟。三代目はお馴染み猿飛、四代目がナルトの父、五代目が初代を祖父に持つ綱手。
三代目と四代目は千手と血縁関係があったかどうかは分からないが、四代目を父に持ち火影を目指すナルトにサスケが立ちはだかるのは避けられない『因縁』って事ですか。


◆キーワードは
『守る』と『必要な犠牲』(なんじゃないかと思う)

『お家を守る』ってのと同じ。

三代目やアスマが未来を担う子ども達を守るために命を張って里を守った事はとても胸を打った『自己犠牲』なのに、
うちは一族を守るために弟の目を奪い外敵から守る力を得たマダラは蔑まされる。
同じ『守る』という行為に、こうも第三者の受け取り方が違うものかと思う。
演出もあるかもしれなけれど、
結局物事を主観でしか捉えられないか、客観で捉える事ができる(冷静に判断できる)かで大きく違って来るのかもしれない。

マダラは木ノ葉の歴史から忘れ去られていったと言うが、それは珍しくもなく、勝ったも者は敵の事を良く記述したりしないから当然といえば当然。

千手とうちは、どちらが良い悪いではなく、
結局長い間の戦争からの疲弊があり、世の安寧を望んだ千手を世間は選んだだけ。
とにかく、一族のプライドよりもその時は平和が優先された、って事でしょう。
マダラが望む、一族が主導権を得る為には、どうしたって千手との戦いは避けられないから。そうすればまた戦乱の世が続いてしまう。

二代目は監視下に置く事でうちはを内側から見張っていたという事になるけれど、うちはを里に組み込もうとした事が裏目に出てしまった。

うちはと千手が水と油だと言うのは、一日やそこらの話ではなく、長年のお互いを探ったり疑心暗鬼にとらわれた末の事だった訳で、
強い力を持った者同士、共闘や協力が上手く働けば鬼に金棒、堅固な里を創れただろうに、と単純に思ってしまう。

里を守りたい、サスケも救いたいと願うナルトは、
まさに木ノ葉創立以来の悲願達成の希望なんじゃないかな、と思えます。

木ノ葉創立から繋がっている千手とうちはの因縁は、今ナルトとサスケの因縁へと繋がっている。


●マダラって一体年はいくつなんだ???
長寿の秘密は大蛇丸の様な転生術とは違うのかな。

●トビはマダラの器だったんでしょうか?
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】361話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】359話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。