WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  28

アニメ【よみがえる空】感想

第3話「苦しい仕事」 2006年1月22日放送

本当に、ストーリー、作画共に丁寧に作ってあります。

前回、内田が猫を助けた事で鬼軍曹に怒られると思ったのですが、その事では怒られませんでした。それを含むもっと包括的な事で注意されましたが。

避難して助かった命を失う事になり、自分を責める内田。
「一個人」として心情的には同意できるけれど、「仕事」となれば別。
それはヘリの燃料が少なくなった時、本郷へ内田が言った事に対しての同僚の言葉にありました。
本郷(救急救命士)は一人ではなく、八人(全員の命)を預かっている、という事。

言い方がそっけないので真っ直ぐ伝わりにくいかもしれませんが、しごくごもっともな事を本郷は言っているのです。
「安請け合いはするな」
内田でなくとも、励まそうと何か一言声を掛けたくなるのが人情。しかし予測できない緊急事態で「必ず」はないのでしょう。

生死の際に立ち、理性(勿論技術も伴います)をコントロールして最善を尽くし、失敗が許されないレスキュー隊に長く身を置く本郷に内田の経験不足と青さは目に余るものがあるのでしょう。
でも「どんな小さなものでも尊い命を助けたい」という、根本的な「初心」を思い起こすのが内田なのかもしれません。

停電で、搬送先の病院が分らなくなった時、車のヘッドライトで照らすシーンに感動しました。
しかし、ショック症(恥ずかしながら、初めて知りました)を起したさくらは助からなかった・・・
この辺り、単なる感動モノの話にせず、あえてつらい結末にした脚本にエールを送りたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | よみがえる空 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<【仮面ライダー響鬼】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】第168話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。