WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  270

アニメ【NARUTO】「ド根性忍伝~ 自来也忍法帖」感想

「ド根性忍伝~ 自来也忍法帖」2009年9月24日放送
■347話 前編 脚本/武上純希 絵コンテ/久城りおん 演出/渡部周 作画監督/田中ちゆき
■348話 後編 脚本/武上純希 絵コンテ・演出/高橋滋春 作画監督/小林弘美

忍の長くて辛く、厳しい戦いの連鎖を、原作にオリジナルを織り交ぜ、1時間枠で放映。
原作では飛び飛びのエピソードをアニメではある程度まとめてあり、短期で見せるのであればその方が視聴者には分かりやすいけれど、私の住んでいる地域では1週開けてその続きを放映。果たしてこの効果が持続するのか、それとも時間が経ち過ぎて回想といった形を取って、今回放送したものを次回以降再び使い回さねばならなくなるでしょうか?(^^;)

何にしてもあまりインターバルはおいて欲しくないです<(_ _)>

自来也が『変革者を導く者』であり、やがて安定か破滅かの選択を迫られる予言を大ガマ仙人にされる。
これってすごく重大な役割ではないですか!
予言の子は表裏一体のコインの様で、どっちに結果をもたらすか分からず、そのどちらの可能性をも秘めた者を探し出して導かなくてはならないのですから。
世の中の平和や安寧を求めるのならば自来也で良いではないですか!と言いたくなります、というか、適任!(ビシッ)なのですが、彼は『導く者』なんです。

創造と破壊

破壊してから創造せよ、とどこかで聞いた様な気もしますが(アームストロングだ!)。

偶然(後で、これは“運命だったのかも”と思うのですが)戦争孤児長門らと出会って、彼らが自立できる能力を身につけるまで面倒を見ようと思った自来也。
憎しみは新たな憎しみを生むから…といっそ殺してしまうおうか、と提案する大蛇丸。

ちょっと話が逸れますが、
【平家物語】の池の禅尼の命乞いを思い出します。
本来なら有無を言わず処刑されるところを、平清盛の継母・池の禅尼の命乞いで助かった源頼朝は、自分を脅かす危険があるものは赤子だって殺してしまった。
池の禅尼的発想は自来也、
頼朝的発想は大蛇丸。
気持ち的には自来也でありたいけれど、過酷な人生を歩んで来た者からしたら、頼朝というか大蛇丸的な考えは有なんでしょうね。危険分子になりえる存在は、芽の内に摘んでしまおうと。

痛み分けをしなくては分かり合えないという弥彦。
それに対して反論はしなかった自来也ですが、仲間を傷つけられ無意識のうちに敵を倒してしまった長門には痛みを知っているから人にやさしく出来る場合もあるのだと話します。それには異論はないですし、長門を予言の子と意識したからこその自来也の言葉なのだと思います。

この時期はいろいろと並行して出来事が起こっていて、綱手の弟・縄樹が戦争で命を落としたりしています(以前もこのシーンがあったので、今後もこういった形で、今回放映されたシーンを使い回されるかもしれないです)。

それから、四代目波風ミナトの子、ナルトが渦の国のくノ一うずまきクシナのお腹に居た時期もこの頃。
ここでも感じるのが、忍として、また人望が厚く世の安寧をもたらすという点では、この波風ミナトが良かった筈。
でも彼は予言の子ではなかった。
ということは、やはり一旦『無』にする必要があった、という事でしょうか。

ちょっと気付いたのですが、
自来也が予言の子を探して旅先で出会った人物に、ペインが含まれていたと思ったのは私だけでしょうか。

1.雨宿り先で会った傀儡師~修羅道
2.酒場で会った教師~人間道
3.辻説法師~地獄道
4.風魔の忍~畜生道

で、ちょっとまとめ。
六道仙人は忍の祖。
すべての忍術はその輪廻眼を持つ仙人により生み出されたらしい。
世が乱れた時、天から遣わされる創造神ともすべてを零に戻す破壊神とも言われている。
そして、輪廻眼とは三大瞳術の中でも最も崇高である。
三大瞳術とは、輪廻眼、白眼、写輪眼の事か。

六道についてはいづれまた。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】349話、350話感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】346話感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。