WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  269

アニメ【NARUTO】346話感想

■346話「結成!」2009年9月10日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ・演出/福田きよむ 作画監督/Eum,Ik-hyun

命を懸けた大博打。
これが素面でいられようか。
とはいえ、それは綱手側であり、酒豪の綱手を悪酔いさせる位の衝撃。
これが最後の告白も、最後だからこその自来也の告白だった気がしてなりません。死を決心する位の任務でもなければ、多分告白する事もなかったでしょう。

自来也と綱手は、恋愛としての対象を内包しつつも、もっと大きな(友)愛や信頼で繋がっているのでしょう。
ダンは恋愛の対象だった綱手ですが、今となってはダンと自来也を同じラインでは語れない。
アタックしては玉砕だった自来也の、綱手に対する気持ちは常に本物だったと思います。勿論、はぐらかしてはいますが綱手も自来也の気持ちは分かっていた筈。
同胞として、信頼できる強き者として存在し続けてきた自来也が、今回だけはもう帰って来ない、そんな気がしてならないのは、自来也の『年寄り(年長者)の在り方』や『綱手との賭け』から察しがつきます。
綱手と別れる最後まで、湿っぽくさせまいとする彼の心遣いがかえって遣る瀬無いです。そして、彼の器の大きさを感じさせます。

この回で初めてナルトの両親が誰なのか分かったのですが(原作連載当時、父親についてはやはりね、という感じがありました)、
外見は父親似、内面は母親似。
母親のうずまきクシナは外の人間(渦の国のくノ一)。
そんな外の里の同業とどういういきさつで夫婦になったのか、興味が尽きない訳ですが、
ナルトが母親姓を名乗っているというところをどう説明するのか、こちらも興味があります(てか、説明プリーズ、岸本先生!)。

で、ナルト。

イタチが、何故抜け忍となった弟サスケにナルトが執着するのかという問いに、
ナルトは少なくともイタチよりは兄弟だと思っているから、と答えます。
その理由を聞いたイタチは少し笑みを漏らします。
連載当時、
『この笑み』を、ナルトを愚かだと思って漏らした嘲笑に思えたのです。
でも、
原作でイタチがどうなったのか分かっているので、ちょっと考えが変わりました。
嘲笑に思えたイタチの笑みは、本当はナルトの『あきらめないド根性』に対する敬意が込められていたのではないかと。

180度、感じ方が変わってしまいました(マダラの説明が真実ならば)。

イタチが何をしにナルトに会いに来たのか、何となく想像はつくのですが、
サスケを守る為、
ここぞというサスケの危機に『イタチの最後っ屁』(イタチの屁なんて、先生、あんまりです!)ナルトに発動されるんじゃないかと。

外れたら笑って下さい。

スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】「ド根性忍伝~ 自来也忍法帖」感想 | WIND OF MOON | 2009年劇場版【NARUTO】火の意志を継ぐ者 感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。