WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  265

アニメ【NARUTO】343話感想

■343話「激突!」 2009年8月20日放送
脚本・絵コンテ・演出/黒津安明 作画監督/鈴木博文

原作も迫力はあるのですが、「色が付いて動いて音が出るとこうなるのね、アニメって素敵!!!」と今回も喜んでしまいました♪

◆デイダラを考えてみる◆
これはデイダラという一人の芸術家(自称)のプライドをかけた戦いなんです。
デイダラには直接、サスケに対しての恨みなんかありません。
憎むべくは大蛇丸に対してであり、その対象となる大蛇丸をサスケが葬ってしまった(でも、殺してやりたいほどの憎しみって何だったんでしょうか)。
そして、初めて(多分)デイダラに他者の能力として認めさせたイタチ。
デイダラにとってアートとは、作品を爆発させる事で昇華するということ。
その作品は単なる爆発物ではなく形状も大事で(どうせ爆発させるのにね ^^;)、2次元的なラインをデフォルメさせて3次元化するという、まぁ芸術家としてのこだわりがあるワケ。
でもそのこだわりは他者というか、デイダラを迎えに来た暁のメンバー、イタチやヒルコ、鬼鮫にとってはどうでもいいワケで、そのあたりヒルコの「ウザイな」というセリフによく表れています(^^;)。結局ゲージュツカなんて凡人には分かってもらえない、みたいナ!

一言でいえば、デイダラのサスケに対する好戦的な態度は逆恨み以外の何物でもナシ!

生きていさえすれば叶ったかもしれない大蛇丸殺しの野望。しかし対象者が死んで願いは永遠に叶わなくなってしまった。
そのやりきれない怒りの矛先がサスケへ向かった。
しかも、サスケはイタチの弟。ことごとく写輪眼とうちは兄弟に縁があるとしか思えない(つか、そういう因縁にしたのは岸本先生ですけれどねv)。

確かに写輪眼は血継限界なので、血筋でない者はその能力を移植でもしない限り手には入れられない。
自ら生み出した術で戦ってきたデイダラにとって、血継限界を持つイタチやサスケは「血統に恵まれただけ」であると思いたくなるのも分かります。
『術』を『作品』としてとらえるのならば、たとえ形として残さなくとも(というか、結局は爆発させてしまうので、デイダラの作品も形としては残らないんですけれど ^^;)、忍の術も広義の意味ではアートの対象に十分なりえると思います。

原作にはない、後光が差したイタチがデイダラより上段に立つ構図(ナイス!!!)。

写輪眼=『生まれた持った資質』に負け、思わず「美しい」と(これも原作にはない)感嘆し、イタチの存在そのものを称賛した結果になったデイダラ。
敗北ですね。
『自らが作り出した作品』ではなく『存在』によもやひれ伏す結果になろうとは、負けず嫌いのデイダラには絶対に認めたくはなかったのでしょう。
何故今まで何の関わりもなかったサスケに対してデイダラが執拗に狙うのか分かった回でした。
そして、それまでは感じなかった、イタチに対しても嫌悪と否定を抱いていたということが分かった回でもありました。

●デイダラの術、C2ドラゴンを出す前まではオリジナル。なんだか埴輪っぽい(^^;)。
F1000139.jpg


●「芸術は爆発だ」
岡本太郎御大の有名なセリフ。
芸術繋がりで、この他上のセリフも原作通りですが、アンディ・ウォーホール氏は故人なので「ポップは死んだ」、現在も活躍中という事で「オイラのはスーパーフラット(村上隆氏)」とデイダラに言わせたんでしょうねえ。存命か否かさておいても、デイダラの作品はシルク・スクリーンではないよ。


久しぶりの黒津&鈴木コンビ!

このゴールデン・コンビの回をとても楽しみにしているので、今回も嬉しかったです。
絵もこのコンビの回はすぐに分かります。今回は序盤のサスケの写輪眼で分かっちゃったもんネ(^^)
今回のサスケがデイダラに投げた大型の手裏剣のスピード感。
F1000140.jpg


そして、原作ではなかったイタチとデイダラの能力の位置関係。
F1000142.jpg
これはアナログ放送だったらイタチとデイダラがカットされているのかも???
画面を写メしたので、映りが悪いですm(_ _)m


後光が差して、まるで仏の様なイタチの描写。
F1000141.jpg

アニメならではの美しい表現でした!!!
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。