WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  250

アニメ【NARUTO】感想

新エンディング
んー、画像小っちゃい(携帯からだから)ですが、今のED。
ヤマトとカカシが暗部コスなんですよね♪
何でこんな事書くか、っていうと、最後が愚痴になってマス。


■327話「呉越同舟」2009年4月30日放送
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/サトウシンジ 演出/神原敏昭 作画監督/徳田夢之介

三尾の体を水に浮く舟に例えたら、その中に飲み込まれたナルトと紅蓮の二人はまさに呉越同舟。
この二人は木ノ葉と音、元々相容れぬ間柄だから仕方ないにしても、同じ音でものカブトと紅蓮、紅蓮と麟児、麟児とバトルロイヤルで残った三人でさえ、まったく仲間意識なんてない(バトロワ組の三人は、

まだ麟児の裏切りに完全に気付いてはいないようですが)。

麟児が意味深に三人の顔をジロジロ眺めて去った後、カブトもまた同じように見て、三人の命が危ういと告げたのは、カブトと麟児が示し合わせたのかもしれません。
カブトは日向の白眼を持っていないから、チャクラの流れを見る事はできない筈で、多分ハッタリだろうと私達【NARUTO】の視聴者(読者)からすれば、気付く事ができる。でも三人は戦いで疲弊して弱気になっているし、カブトは医療のスペシャリストだしで、カブトのハッタリを信じてしまったに違いない。
結局呪印を施され、人間兵器にされてしまったのだけれど。

― 戦場では刻一刻と状況は変わる ―

麟児はそう言ったけれど、自らも危うい立場になるという事を肝に銘じておいた方がいい。

その一方で、完全に大蛇丸のマインド・コントロールが解けた紅蓮は、自らの帰る場所を大蛇丸から幽鬼丸に変えた。
幽鬼丸の母を手に掛けた償いなのか。
しかし、幽鬼丸が許してくれるのかが気に掛る。

●三尾のチャクラは周りの動物にも影響するらしい。

●三尾の体の中は固いらしい。しかもトゲトゲしている。

●何で体の中に小型の三尾がウヨウヨしているのか。

●カブトも三尾の中に入って一匹取って帰ればいいじゃん(たくさんいるんだから、数匹取ったって三尾は気付かないんじゃないの?)

●白い椿を封じた結晶。あれは占いで使う様な水晶の役割もするんでしょうか???

●シズネは31歳でカカシは26歳。同じ上忍だけれど、カカシはシズネを呼び捨てなのね。


◆今週のサイ◆
今頃気付くのもどうかと思うんだけれど、
サイも暗部なら、カカシやヤマトと同様、肩に暗部の印がある筈よね。
いつも腰にばっか注目しちゃっているせいか(バカだ)、肩にまで意識がいかなんだ(^^;)。

ED、御婦人方を狙っているじゃんか。
だって、何でカカシとヤマトは暗部コス

チッ、カカシもヤマトみたく二の腕出せヨ~~。

ついでにサイの黒の暗部コス見せろよぉ(壊)。肩も露わなヤツ!!!


※画像右上がヤマト、そばで座っているのがカカシ。
歌詞に隠れちゃっているのが(ーー)サイ。


【追記】
その後『者の書』にて確認したところ、カカシは30歳である事が判明。
でもシズネはカカシの年上であることには変わりはない。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。