WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  249

アニメ【NARUTO】感想

■326話 「赤い椿」2009年4月23日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ・演出/木村寛 作画監督/徳倉栄一

今回頑張って翌日書いた!!!

結晶に閉じ込めた枯れない椿と、母の形見であろうお守りを交換した幽鬼丸。亡き母の代わりが今は紅蓮。だけれども母を殺した犯人は彼女なので、真実が分かった時の幽鬼丸の心の動揺が気になる。
手を下したのは紅蓮だけれど、そう仕向けたのは大蛇丸なんだろう。気付いたら幽鬼丸の母が息絶えていた、って感じの描写だったし。
大蛇丸のマインド・コントロールが解けかかった紅蓮には、幽鬼丸を守る事があやめてしまった幽鬼丸の母への罪滅ぼしであり、幽鬼丸の心の拠り所にならなければという思いもあるのでしょう。

●麟児の裏切り
ってか、いきなり強気になってやんの!
家で「コイツ、カブトが変化した麟児なんじゃ?」と言っていました(^^;)。
予告では『紅蓮を麟児、抱きしめるの図』(ぷぷ)っぽくなっていたので、「あら、恋愛路線に変更?」と想像した私はまだ修行が足りません。

【問】紅蓮のセリフ、「おまえ、どうして…」の後に続く意味を述べよ。
答-①何故「私(紅蓮)を刺したのか?」
答-②何故「幽鬼丸を動かす原動力が私(紅蓮)だと分かったのか」
どっちもですね。

策士 麟児
カブトを脅すくらいですから、既にカブトを超えた策士つうか、ヤな奴決定ですわ(^^;)

致命傷にならない深さの傷を紅蓮に負わせ、「愛する紅蓮が危機に陥ったときに力が増幅される」と幽鬼丸を丸めこむ厭らしさ。幽鬼丸は紅蓮を唯一の心の拠り所として慕っているし、まだ子どもなので麟児の思うつぼ。

い椿、謎です。ちょっと気になったので、花言葉を調べてみましたが、
椿―「理想の愛」「謙遜」
)「控えめな愛」「気取らない美しさ」
(白)申し分のない愛らしさ」「理想的な愛情」「冷ややかな美しさ」
とあって、どれもこの話の根底に触れる決定打には繋がっていません。

●命をチャクラに変えた後に放つ紅蓮の死生点欠。顔がコワイ!!!

●ホントは忍なのか、幽鬼丸?
三尾が放った攻撃で崖から落ちるも、目にも止まらぬ速さで崖の上に戻る幽鬼丸。

シンクロだか支配だか分からないけれど、力が尽きて倒れる幽鬼丸を見て麟児が一言、「チャクラ切れか」。

●きかないと分かっている筈なのにまだ繰り出す晶遁 八の陣。

●周りに人がいないのにも関わらず、相変わらずのトビの慌てっぷりが、原作で正体を知ってるだけに嘘っぽい。


あまりにも長くなった三尾捕獲編。
(って、どこにも『~編」なんて書いてないんだけれど、便宜上そう名付けてみる)
しかも!
何故紅蓮が幽鬼丸の母を殺したのか理由がまだ分からず、その辺りもやるような気配。


◆今週のサイ◆

先週と同じく。いいんだ、目立った活躍がなくたって。ローライズから覗く腰のラインが見られれば…
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。