WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  234

アニメ【NARUTO】感想

■309話 「力の代償」2008年12月18日放送
脚本/宮田由佳 絵コンテ/木村寛 演出/木村寛 作画監督/徳倉栄一

自分には複数の心臓があるから、一度死んでも換えさえあれば何度でも蘇える事ができる、そんな自信が角都にはあったに違いない。
その特殊能力でこその長寿。
ただ肉体ごと全ては換えられないし不死身ではないしで、いつかは寿命が来るくらいは思っていたのでしょうが、熟練、いや老練の域に達している角都はよもやこんなひよっこに倒されるなんて夢にも思わなかったに違いない。

1.ズレた老いぼれ
オリンピックなどの競技で、新記録が塗り替えられ続ている事からも分かる様に、忍の能力も進化していると思う。戦闘の経験値だけでは勝ち続けられない、という事かもしれません。何といってもナルトは意外性№1の忍者ですし(^_-)

2.ナルトを強くさせている理由
何の目的も持たないよりも、動機や理由、目標がある方が取り組みやすい。ナルトの場合サスケの奪還。欲を言えば、サスケの心の救済もあって欲しい。

3.やっと墓参り
仇討を果たしたシカマル。
仇討を終えるまで墓前に顔を出さなかったのは顔向けが出来なかったのでもなく、ましてや不義理だった筈もなく、心の整理がつかなかったのと、飛段を倒すまではアスマを真の意味で成仏させてあげる事ができない、と考えていたからではないでしょうか。お葬式も埋葬も終わっていても、彼自身の『けじめ』をつけたかったのかなぁ、と(あ、オトシマエとも言いますか…)。

4.脱・子ども ~ 庇護される立場から守る立場へ
勉強を教えるだけが師ではない。くだらないと思うような事でも心が豊かになる事もあります。また、先生と言っても勉強以外から人柄が偲ばれる事もあるものです。
果たして将棋はシカマルにとってくだらない事だったのか、否か。はたで見ていたら単なる遊びでも、駒運び等からシカマルは将棋を通してアスマに色んな事を教えてもらったに違いないです。
亡くなって改めてアスマを再認識したシカマル。三代目の教えをアスマが理解し守った様に、今度はシカマルが生まれて来る子の師となり守る。精神的に大人になった瞬間でした。

5.玉とは誰か
長である火影が玉だと答えたら不正解。
木ノ葉を担う子ども達が正解。だから三代目もアスマも命を懸けて守った。
そしてアスマに命懸けで守られたシカマルは今度はアスマの子を守る、という答えを導き出しました。
自分さえ良ければいいという考えでは、多分その集団は長く存続できないでしょう。
命をなげうたれてまでして守られた者は、絶対その恩を忘れないでしょうし、それが血縁関係でなければ尚更感謝の念は強く感じるのではないでしょうか。
だから長である火影が死んだとしても、他者を守るという教えは絶えない。神や仏への信仰とは違うし対象物のない形而上のものだけれど、物の様に壊れてなくなったりしないからこそ、絆が強く結びつけるのかもしれません。

●細胞レベルの攻撃を無数に受けた角都。それでも死なないなんて、どんだけ強い生命力なんだ!トドメはカカシの雷切でした。

●検死室で横たわる角都の表情に笑いが込み上げてしまった…だって、口からゲソをいっぱい出しているんだもん(違)。

●妊婦がそんなに肌を露出していいのか>紅

●千の風になって
シカマルにとってアスマはめちゃくちゃカッコイイ大人だった。そして自分もそんな大人になりたいと紅に告げると、風が吹きました。そう言えばアスマのチャクラの形態は風でしたもんね。もう亡くなってしまったけれど、まるでアスマが風となってそこに居る、そんな描写でした。

●確か火影の部屋に入った時にはまだ陽があったと思うけれど、検死室にカカシが呼ばれたのは陽が暮れてから。
あのぅ、まだ服がボロボロのままなんですが、カカシ先生。着替えもしないでそれまで何していたんでしょ(笑)。

●一人部屋で千鳥流しの演習をするサスケ。
いつのまにか習得していた感で原作では描かれていたのですが、そうか、人知れずいろいろとやっていたのね。

邪魔な暁の一人位消してくれるだろうとナルトを生かした大蛇丸。目論見通りの結果に喜ぶけれど…


ここからはまた原作にアニメオリジナルを織り交ぜながらの展開となりそうです。
大蛇が言っていた『例のあの子』とか『どうしても必要な駒』とは誰でしょう。紅蓮という女はオリキャラですから。
そしてこの女、大蛇に心酔している様で、カブトVS紅蓮なんてドロドロも見られそうです(オイ)。

それにしてもナルトの螺旋手裏剣はハイリスク、ハイリターンの術で、今後この術がどうなるのか気がかりです。

ところで!
おまけコーナーのヤマト、一体誰?って感じ(笑)



yamato.jpg


スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。