WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  232

アニメ【NARUTO】感想

託された火の意思 新術炸裂!NARUTO疾風伝スペシャル 2008年12月4日放送
■306話 「シカマルの才」
脚本/宮田由佳 絵コンテ/熊谷雅晃 演出/熊谷雅晃 作画監督/金塚泰彦

「こんなカッコ悪いカカシ先輩、初めて見た」
そうヤマトが感じる程、角都には手こずらされている。
多様な性質変化を持つ角都を前に、カカシ以外にもチョウジやいのと3人がかりでもなかなか倒せないのは、角都に心臓が5つもある為だけではないだろう。

今までを振り返るに、
新たな敵が出る度、「コイツが最強!」と思う。
で、下忍のナルト(実力は下忍なんてモンじゃないけれど)が倒すので、そうでもなかったのかな、とも思う。
ならば、
我愛羅を倒したデイダラは風影以上の実力なのか、というと、『我愛羅を倒した』には違いないのだけれど、事はもっと複雑で『我愛羅よりも強い』とは言い切れない気がする。
性質変化の優劣の説明でもあったように、相手と対峙するとき、『相性』が戦いの優劣を左右する、というのがよく分かった。
だから、いくら沢山の術をコピーしているカカシでも、多数の性質変化を持った角都には苦戦するんだと。

●角都は本当は鞭使い!

●どっちなんだ、飛段。
シカマルを仕留めれば「(簡単に終わって)ガッカリだぜ」。だが生きていると分かれば「テメェ、何で生きてる!」

●飛段の謙遜?「さほど利口じゃない俺にも分かる」って自分を分かっているんだから、馬鹿じゃないヨ。

●今まで何で気付かなかったんだ、ワタシは!
ナルトの風遁螺旋丸とヤマトの水遁破奔流を同時に発生させると颶風水渦の術になる『コンボ術』。てか、術者が複数の、コンボ術ってあるんだね。
多分、ナルトとサスケのコンボはあり、なんだろうな。彼らの共闘を希望。

●おまけコーナー笑った。
いびきなど音は耳栓で防げるとして、寝相の悪いのは耳栓じゃ防げません。
しかも、あれは寝相が悪いなんてものではなく、もう夢遊病の類では?
何故カカシは無傷で(笑)ヤマトばかりが被害を被るのかは謎です(笑)。


■307話「人を呪わば穴二つ」
脚本/鈴木やすゆき 絵コンテ/高橋滋春 演出/高橋滋春 作画監督/小林ゆかり

シカマルがカッコよすぎだってばよ!!飛段を騙したあの演技、役者にもなれそう。

●飛段と戦うのがシカマル一人とは飛段も見くびられたものだ、と角都は言ったけれど、ハナからシカマルがやられると見くびっているのと、木ノ葉の忍を烏合の衆だと蔑んでいる角都こそ過小評価しています。

●原作では出てこない大名ですが、アニメや映画ではたまに出てきます。
で、分かった事は、守護忍十二士はエリートだって事はソラの時にも説明はあったけれど、大名の近衛機関は守護忍十二士への登竜門という位置づけなんですね。

木ノ葉の里は火の意思に照らされて(守られて)いる。
火の意思とは「里を守ろうとする強い意思」であり、里の者を守る為になら命を懸け、その教えを連綿と受け継がせる事。
だから火影を倒したところで里は倒れない。

ピンチに救いの手を差し伸べてくれるのはジャシン様だけではない。

鹿が守る奈良家の土地で、飛段がシカマルの影寄せの術によりがんじがらめになって身動きができなくなった際、私は胸のすく思いがしました。
角都や飛段が自分の能力に酔い痴れ、人格を尊重せずにただターゲット(さらに悪い事に、物ととらえているときもある)として人を殺すやり方には嫌悪感を抱きます。
この戦いの勝利と引き換えが師の命とは、あまりにもその代償が大きい。

原作ではシカマルは火を点けた煙草を飛段についた起爆札に投げるのですが、アニメでは形見のライターでした。
うーん、形見を惜しげもなく、というところがちょっと引っ掛かりますが、でもこのシーンだけ煙草に火を点けるっていうのも変ですしねぇ。
この、ライターを投げた時点が、シカマルにとって本当にアスマへのお別れだったんだろう、と思います。弔い合戦が終わる前の葬儀の段階ではお別れは言えなかった、という事です。
だから、ここで「さよなら先生」。
安らかに…

●鹿は肉食動物ではありませんが…
いつの間にか鹿に囲まれビビる飛段。
この後、飛段は多分死にたくなったと思う。アンタこそ改心すれば?

≫今週のサイ≪
●増援に来たサイ達。その登場、ヘソ出しですぐにサイだと分かっちゃったモンね。

●まだためらいがあるのか、ダンゾウの教育が染みついてしまっているのか。
シカマルを加勢しに行く途中、「シカマルくん」と言い掛けて「シカマル」と呼び捨てに訂正。
ウンウン、溶け込もうと努力しているんだネ!


アニメ、よく頑張っているよね~~~~♪
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。