WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  227

アニメ【NARUTO】感想

■301話 「悲しき報せ」2008年10月23日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/サトウシンジ 演出/サトウシンジ 作画監督/堀越久美子

まだ見ぬ新術の開発に、いつになく弱気なナルト。そしてナルトを励ますカカシとナルトを見守るサクラとサイ。

今のナルトを突き動かしているのはサスケ。

アスマが倒されて天候は晴から一転して曇天、そして涙雨…
気象の移り変わりでアスマを亡くした悲しみや、ナルトとサスケの決別を表したシーン。
また今回のラスト、アスマの死を告げられたシーンでの雨と疾風。演出にもこだわりを感じます。

●本体でなくとも分身でも九尾化するんだね\(◎o◎)/!

●サイの術、こうもりが蝙蝠傘に変化。変化に次ぐ変化、二重変化とはさすが暗部の根、術の質が違う!

●でもってこの蝙蝠傘、雨でも墨汁が流れないスグレ物!!!

●もうウスラトンカチだのダメ忍者なんて言わせない!
意外性№1忍者ナルトは過去に何度も不可能を可能にした強運の天才忍者だったのだ!(マジでか?!)だって以前、拾ったスロットのコイン1枚でも大当たりした程だしネ。アニメでは富くじだったっけ(^_-)

●終末の谷で、サスケが気絶したナルトに止めを刺さずに去って行った土砂降りの雨の中のシーン。
えーと、何でナルトは気絶していたのにナルトの記憶に残っているんでしょう???

●前回で初登場ペイン。字幕でもEDでも『ペイン』と表記されていたのに、今回は『暁の首領』に表記が変わっていたよ。スタッフが先走ってしまったのかしらん。

●飛段が信仰するジャシン教。カルト宗教っぽいですが、金欲はご法度なんですね? 金の為には戦わないとは潔い。ある意味敬虔な信者と言えるのかもしれません(^^;)。

●「オレはトビの次に新入りだから」暁の目的をまだ知らない飛段。
知らないのにメンバーになったきっかけって何だ?

●で、トビは新入りって、どっこいトビは黒幕だよねぇ(笑)。知らぬは飛段ばかりなり(ハブんじゃねーよ絵文字の怒りマーク)。

●イズモの水飴拿原誕生のいきさつを聞かされるシカマル。その反応は視聴者を代弁してるよね。

●一応記しておきます、イズモとコテツはイズモ&コテツというコンビ名でエントリーされてはございません! イズモは神月イズモ、コテツははがねコテツって苗字があるって事を(笑)。

●暁の最終目的は世界征服!!!
これだけ聞くとガキのバカげた野望に聞こえます(^^;)。


今までにも作品中で、作者の岸本さんの考えが度々登場人物の口を借りて出てきました。
今回は戦争は何故なくならないか、でした。

それによるとまず、
①戦いは本能だからなくならないという潜在的な闘争心。

②闇の商人は戦争にはつきものだし、巨大な軍事産業が成り立ち、一部の特権階級がその富を得る。金欲、物欲。

これは岸本さんが指しているものに含まれているかは分からないですが、
③地獄絵そのものを見たいという欲(嫌だなぁ;)。
最近のアニメの傾向や、ネットで摘発されたものにはこれがあるでしょう。


結局最近の漫画は殆どが闘い・戦いがメインだもんね。それが見たいというのが本能だとすれば今後もバトル物語はなくならない、って事でしょうね。


≪今週のサイ≫

読書家サイ。今日携帯している本のタイトルは『相手の気持ちを知るシリーズ~言葉は気持の裏返し』。

ダンゾウの手下として近づいた、出会った頃のサイなら十分吐きそうな無神経な言葉の数々。でもそれは今では気持ちを逆なでする為のものではなく、サクラの本心を聞き出す為のサイの本心とは裏腹な言葉でした。
でも心配していたサクラを元気付けたので、結果オーライ、というべきか…

なんかねぇ、アニメのお陰で更にサイに親近感を持ってしまっていますよ。
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

ダンゾウ についてブログの検索結果をまとめると… …
∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。