WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  226

アニメ【NARUTO】感想

■300話「最期の言葉」2008年10月16日放送
脚本/彦久保雅博 絵コンテ/木村寛 演出/木村寛 作画監督/徳倉栄一

おお、アニメももう300話なんですね!(パチパチパチ拍手

師の死に直面し、第十班はアスマとの思い出から大事なものを受け取っていた事を知った。

原作№421:ナルトを呼び戻せ!!(WJ47号 10月20日発売)で、綱手の回想で自来也が「ワシらの役目は次の世代の為に手本となり手助けをすること」と言っており、これは多分アスマがシカマルに訊ねた「木の葉で玉とは誰か」の答えのもっとも重要なヒントになっていると思います。

次の世代へ繋げるため、四代目も三代目も、そしてアスマも命を賭けて守った。その守った者とはシカマルを含め次世代であり、そのシカマルは次の世代を守り、教えを伝えていかなくてはならない。

「次の世代を守る事」を絶やさなければ、火影が、また隊長が命を落としたとしても木ノ葉は崩壊はしない。守るものとはその思想で、守っているのは里の人間なんですね。

原作で掲載された際、アスマがシカマルに玉を誰と言ったのか、当初はナルトかなぁ、と思ったのですが、やっぱり「次の世代を守り、受け継がれる事」という思想だと思います。さて、最終回までにその答えは明記されるでしょうか。

●やっぱ人選間違っていたんだよ(イズモ&コテツの役立たず ^^;)。
アオバのカラスの目くらまし攻撃、役に立っていたもんね。

●ライドウの黒刀を知っている角都。過去に二人は一戦交えた経験があるのか?

●暁のリーダーペインのCVは堀内賢雄さん(シブイねキラキラ)。

●原作にあったシカマルの喫煙シーン、アニメでは配慮して煙草をふかしてはいませんでした(グッジョブ)。

●ペインに呼び出されてその場を去った角都と飛段。アスマを置いていけ、と言われ「はい、そうですか」とシカマルらが言うと思っているのでしょうか飛段は(^^;)。

●楽しみにしていたおまけコーナー、今週もまたナシ(ーー)。
つうか、出番がなくてまた『今週のサイ』が書けないじゃないのさ!!!


資金稼ぎの為の賞金首狙い。
結局遺体回収をせずに引き揚げた角都と飛段に当然ながら賞金は出ません。
今回の戦い、アスマにとってはかつての戦友地陸の弔い合戦でもあった訳だけれど、それもならず、全くの犬死にだったのか、というとそうとは言えないと思う。

今までアスマと関わってきた第十班は、アスマの死を期にアスマという人物と、大切な教えをしっかりと胸に刻みつけた筈だから。これがアスマがずっと生きていたとして、それはそれでよき師、尊敬できる人として彼ら十班のメンバーにはあり続けるでしょう。でも最期の言葉と引き換えに、アスマの遺志を彼らは受取り、受け継いだのだと思います。

でも切ないね…涙
スポンサーサイト
別窓 | NARUTO | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。