WIND OF MOON

アニメ、漫画(たまにドラマや音楽)の感想・雑感を気の向くままに綴っています。
web拍手 by FC2
No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨
web拍手 by FC2
No  221

映画【デトロイト・メタル・シティ】雑感&DMC展

行ってきましたよ、映画【デトロイト・メタル・シティ】(以下、DMC)。
原作は1巻を持っていますが、

   実写版、サイコーーーーーーーdeath!


            つうか、松ケン!!!

もしかしたら数多のコスプレイヤーの頂点に立っているんじゃね?
どんな変身ぷり、コスぷりなのか。

普段の松山ケンイチ氏
mk.jpg






原作のクラウザーさん
kri.jpg





松ケンのクラウザーさん
kr.jpg




クラウザーさんにメイクした松ケンの顔を初めて見た時、あまりにも原作に似ているのでびっくりしたけれど、声も悪魔系(?)でさらにおったまげた;

とにかく深く考えないで笑って下さい(正体がバレそうになってトイレの個室でクラウザーさんに変身するのに、衣装はいつ持って来たのか、なんて突っ込み自体不要)。

【魁!!クロマティ高校】が好きな方、心の広いロック・ファンなら絶対楽しめる事請け合います!勿論そうでない方でもギャグ・センスのある方ならOK!

映画の中でロック・バンド、KISSのベーシスト、ジーン・シモンズ扮するジャック・イル・ダークと対決するシーンがあるのですが、KISSを知っている方なら、この作品のタイトル【デトロイト・メタル・シティ】ってKISSのヒット曲『デトロイト・ロック・シティ』をもじったのかも?と気付いた筈。

ネットでは、どうせならデーモン小暮閣下と対決させれば良かったのに…という意見も読みましたが、『デトロイト・ロック・シティ』がこの作品のタイトルに深く関与していたとしたら、やっぱりKISSのメンバーのジーン・シモンズの出演が納得なのだ。

しかしーー、
ジーン、貫禄だよね…左端がジーンさん。火遁の術(^^;)が得意な舌の長い人。
kiss.jpg

初期のKISS。初期のアルバムの邦題は『地獄』シリーズだった…

素顔を見せないと徹底していた頃は、来日して成田に着いた途端メイクして空港を出て来たのでした。
それを考えると月日は人を丸くするというか(体型も丸くなってはいましたが(^^;)、半分仮面で隠れていたといってもほぼ素顔を確認できたもの。公式HPには堂々と素顔が載っているし。
KISSは、歌舞伎の化粧にヒントを得たとどこかで読んだ気がします。
デーモン閣下だってあの隈どりメイクは影響あったと思うのよ。
男が化粧するのとはニュアンスが違う。
例えばGACTがメイクするのと、受ける印象が違う様に。
でも私はKISSはコミック・バンドとは思ってはいない。少なくとも初期の頃はロックン・ロールであり(『ベス』なんてバラードの名曲もある)、ヘビ・メタでもデス・メタルでもなく、ハード・ロックだった。
私はこの映画を見てデス・メタルをバカにしたとは思わないし、思えない。
この映画の面白さは強面のメイクと素顔とのギャップであり、
主人公は単線のローカル線出身の農家の長男であるが、
オサレな渋谷系に憧れる気弱な青年であり、
デス・メタル・バンドのリード・ボーカリストになると人格を変えられてしまい、成功しているのに自分の才能に気付かず苦悩するところだったりする。

他にも、
実家に帰ったクラウザーさんは、家族とちゃぶだいを囲んでクラウザーさんの姿のまま正座して朝食を摂る、とか、
トラクターに乗るクラウザーさん、とか、
銀座の歌舞伎座の前を全力疾走するクラウザーさん、とか(街中でのミスマッチさが異様)、
とにかく彼を取り巻く環境だの背景(景色)とのミスマッチが笑いを誘う。

あ、彼らDMCの熱狂的なファン(信者)はクラウザーの事を「クラウザーさん」と呼ぶんです。聖飢魔Ⅱだとファンは信者、ライブはミサでしょ。で、自分は『閣下』。でもクラウザーさんはファンにとっては『神』とか『帝王』でもなく、『様』付けもされず、単に『クライザーさん』なのですわ。ファン代表(?)が大倉孝二さんですが、彼を見ていると何か頷けるんですわ、ファン(信者)はクラウザーさんにとって『舎弟』なんだと(本当か?)。

特筆すべきは松雪泰子さん扮する女社長。
ドSで、今までの勝手な彼女へのイメージからはかけ離れていて凄い!それに原作通り、タバコの火を舌で消すんだよ?!

原作と比べると下品さはひたすらカットされた、と言っていいと思う洗練された(?)出来。
KISSのジーン・シモンズとの共演はサービスなんでしょうかね。

※以上、画像は公式より

≫おまけ≪
渋谷PARCOパート1で『GO TO DMC展』をやっています。PARCOパート3にあるシネクイントで映画を見て、その半券を見せると入場料が半額になるのです。
たまたま渋谷に行って観ただけだったのにラッキー☆

メイキング画像や楽屋とか模型とかあって、それなりに楽しめます。
ちょっと画像が粗いですが、DMCの楽屋。
F1000091.jpg
F1000092.jpg


多分女社長に破壊された根岸宗一クン(主人公)の部屋。
有棘鉄線の向こうに宗クンの姿が。
F1000090.jpg

で、クラウザーさんの額には『』って書いてあるでしょ。その焼きごてというか、実際はスタンプなんだけれど、額を差し出すと文字がスタンプされる、というコーナーがある。で、文字は一文字のが3種類で、私は『殺』を選んだのだけれど、押してみてオーマイガー!!!
『殺』じゃなくて 
    『投』だった!!!

良かった、額じゃなくて紙で(誰よ、額に押せば良かったのに!とか思った人?)。『殺』ならまだしも『投』じゃ意味分かんないし、勇気をもって額を差し出したのに誤字じゃ目もあてられん;

うがー、雑感にも程があるm(__)m
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アニメ【NARUTO】感想 | WIND OF MOON | アニメ【NARUTO】感想>>

この記事のコメント

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| WIND OF MOON |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。